ちょっと、シエスタ

さぼりグセのある元ダメアラフィフ、現ダメアラカンが日々の出来事を気ままにつぶやきます

気ままな独り言

アラカンの備忘録です

激動の人生と平穏な人生 2024年2月のこと

大変だったから、平穏があると思うことにしました。

息子と知らない街で落ち合う

偶然が重なったような面白いことがありました。

5年目の告白 その後の展開

ひさしぶりに「断捨離捨てすぎ問題」に直面しました。

5年目の告白 

生きてりゃ、サプライズはいろいろあるもんです。

やっぱり血は争えない 

定期的に同じことを考え、同じ思いになるのも老いでしょうか。

自由に生きていくために必要なこと

自由の代償って書くと大げさだけど、あると思います。

自由に生きてください

お互い自由に生きていきましょう。

息子の休学届と娘の休学届 何にでもお金がかかる世の中

やっぱり血は争えないのかもしれません。

スマホの待ち受けを変えるだけでも

2024年、まだやっとひと月過ぎただけなのに暗雲としています。

息子への仕送り、カウントダウンで備える

楽しみにしていた旅行や予定が終わったあと、フッと淋しくなります。

コロナ再びと地域差ってある、って話

再び、地域差を感じた出来事でした。

インフルエンザでも、神経痛でも

足がズキズキと痛いのはインフルエンザなのか、神経痛なのか。

東京へのゴールが遠のく年始め

人生やっぱり先はわからないものです。

遅れて届いた寒中見舞い

いろいろ考えさせられた寒中見舞いでした。

東京にあこがれる大阪人の性(さが)

ひさしぶりに子どもが高校生だった時の記憶を探ると・・・

こんなはずじゃなかった人生

未来は過去の延長線上にあるようです。

なぞの味覚障害と渡せない土産

やっぱり日常が一番ありがたいです。

プレ老後生活と2024年の生き方

できないことをするのではなく、 できることをする2024年にします。

燃えあがる飛行機に日本が終わった…のかと思った

今日一日こそ、何事もないように祈ります。

新年の挨拶ブログをアップしようとしたら・・・

ブログをアップしようとしたら、地震が・・・大事になりませんように。

2023年の気になる人たちと謎の確率

やっぱり生きているだけで人生は面白いらしい。

東京へ旅立つ間に合っていない朝

無事に(忘れ物もなく)旅立てるのか、自分が心配です。

大殺界はやっぱり怖いと思い知る

顔面陥没骨折した時は大殺界だったか?調べると・・・

アラカンが東京に住むための条件

いつか東京に住むために必要なものがありました。

息子のアパートの前で、寒空の下に佇む

浪人して入った大学を休学中、人生迷走中の息子のアパートに行ったら・・・

東京への旅が、アラカンにもたらす効果

そんな悠長に構えている時間はない、そう気がついたのです。

インフルエンザの猛威と早朝のかけそば

高齢者がかかると寝たきりのきっかけになるインフルエンザ、近づいて来ています。

離婚4年目の顔面陥没骨折のつづき

人生でベスト3に入るくらいツラかったことを思い出しました。

離婚4年目の顔面陥没骨折

懐かしい思い出になりつつある出来事でした。

ケタ違いのお金持ちって

世の中にはケタ違いのお金持ちがいるってこと誰でも知っています…