ちょっと、シエスタ

さぼりグセのあるダメアラフィフが日々の出来事を気ままにつぶやきます

映画・ドラマ・本

映画やドラマ、本について気ままに語ります

75歳からの死の選択 映画『PLAN75』でわかったこと※ネタバレ含む

いつまで生きるかわからない問題に答えがあるのかも、なんて思い映画『PLAN75』を観てきました。

その家に住みたくない!家の売却時に見たかったドラマ『正直不動産』

ドラマ『正直不動産』は家の売却の時に見たかったです…

寿命が選択できたら老後の計画が立てられる

寿命が選択できたら、老後の計画がしっかり立てられ、漠然とした不安から解放されます。

75歳までの人生、かもしれない

「75歳の高齢者が自ら死を選択できる制度」それは映画の話ですが…

ドラマ『正直不動産』で思い出す家の売却とドラマの見どころ

「やっぱり不動産屋さんって、嘘つきなの?」そう思ってしまうドラマです。

服の断捨離がこれで一気に進む「あなたの人生、片づけます」

捨てるのはモノだけではなく、そこに沁みついた気持ち、そう思わせてくれました。

花冷えにホットワイン(ヴァンショー)で温まる

ホッコリ温まりたい、花冷えの夜にはピッタリな「ホットワイン(ヴァンショー)」です。

いまさらの「パラサイト 半地下の家族」の予想外とお口直しのCM

お口直しもご用意したので「パラサイト 半地下の家族」観ていない方がいたらおススメします。

働かない旦那でも優しいならいい(のかも)

最初から求めず「いてくれるだけで良い」なら働かなくてもOKなのかも。

働かない旦那、やっぱり受け入れられない

癒しのはずの朝ドラに「働かない旦那」が登場して朝からもやもやしています。

菅田将暉くんな日々「ミステリと言ふ勿れ」「アルキメデスの大戦」

菅田将暉くん主演の「ミステリと言ふ勿れ」「アルキメデスの大戦」続けざまに見ました。

「マンション管理員オロオロ日記」読了 家賃・光熱費無料でも…

マンション管理員の仕事内容や手取り額も書かれていて、知ってるようで知らない世界でした。

人生は「習慣が10割」を読んで納得したこと

仕事、お金、人間関係がうまくいくシンプルな方法は「習慣である」と知りました。

京都「劇場版・きのう何食べた?」をめぐる日帰り旅

「きのう何食べた?」で2人が行った京都の名所に行ってみようと思い立ちました。

一年ぶりに映画館で映画を観る準備

周りの人との一体感はやっぱり映画館に行く理由です。

「カミングアウト」読了 イマジネーションを刺激してボケ防止

表紙が気に入って借りた本でしたが、予想以上に面白かった「カミングアウト」

「しんどい」を乗り切る現実逃避

疲れる時期を乗り切るために、ドラマを観て現実逃避します…

「日本沈没」令和版は現実とリンク

日常が戻ってきたばかりで観た令和版「日本沈没」現実とのリンクが多いです…

「老後のお金がありません」読了 お金がかかるのはやっぱり冠婚葬祭

映画にもなる「老後のお金がありません」の思わぬ展開にちょっとビックリです。

「鬼滅の刃」読了 心優しき主人公と潔いENDの作品

日本中を席巻した「鬼滅の刃」をやっと読んだアラカンの感想。ヒットの理由がわかった気がします。

「きのう何食べた?」いまさらの一気見で大満足♪

いまさらの「きのう何食べた」一気見をしました。いつも流行に遅れている人間です。

「コンビニ人間」読了で共感と恐怖+自分的コンビニ事情

小説を読むと記憶力も感性も死にゆくのを防げる気がします。

図書館ライフふたたび「夫の墓には入りません」読了

新しい住まいを選ぶ条件のひとつ「図書館が近くにあること」なので図書館ライフも復活です。

「逃げ恥婚」に大興奮!ドラマを超えた最高にしあわせな結婚

星野源さんと新垣結衣ちゃんの結婚というニュースに大興奮!こんなに人をしあわせな気持ちにする結婚ってある?と思いました。

ドラマは視聴率ではなく満足度とわかった「重版出来!」

新しいドラマがいろいろ始まっているのに、いまさら5年前のドラマにハマっています。

『逃げ恥』スペシャルは何となく後まわしの問題が山積み 

待ちに待った『逃げ恥』新春スペシャルは自分も直面している問題だらけでした。

映画「テネット」がある映画と同じ感動ポイントだった件

ブログにおいで頂き、ありがとうございます。 話題の映画「テネット」をやっとやっと観てきました。 難解といわれる「テネット」ですが、理解できなかったところがあっても充分楽しめました。 そして、(個人的には)衝撃のラストで鳥肌がたちました。 「こ…

大河ドラマで見慣れた街が輝いてみえた

見慣れた街も、テレビの画面で大河ドラマのラストにみたら特別なモノでした。

「逃げ恥」続編決定にワクワクが止まらない

あの「逃げ恥」が年明けに帰ってくる!続編決定にワクワクが止まりません。

同じ映画・ドラマ・本を何度も繰り返しみるわけ

同じ映画やドラマを繰り返し見てしまうのは「そこに生まれる空気をもう一度味わいたいから」見ているとしあわせです。