ちょっと、シエスタ

さぼりグセのあるダメアラフィフが日々の出来事を気ままにつぶやきます

老後に小さく暮らすために今からやっておくこと

お出かけもして、好きなものを買っても

ひとまず10万円で暮らしていけそうとわかりました。

老後に向けて小さく10万円で暮らす準備中 - ちょっと、シエスタ

 

これから試行錯誤をしていく予定ですが

今からやっておくべきことは、ずばり定期健診。

歯の健康維持が医療費削減

 

母をがんで亡くした後、一念発起でトライしましたが

体の定期健診・人間ドックはやっぱりお高い。

 

人間ドック初体験は再検査のおまけつき - ちょっと、シエスタ

 

でも住んでいる自治体からくる、さまざまながん検診の案内

住んでる場所によるとは思いますが

500円や1,000円から受けられる検診もあって

こういうものを活用するしかない。

 

そして老後の健康維持に大切だと感じているのが

歯の定期検診です。

 

歯周病がさまざまな病気を引き起こすとわかったので

ここ手は抜かないでおきたい。

がんになる意外な原因の一つとがん家系の真実 - ちょっと、シエスタ

 

歯科検診が義務化

政府の「骨太の方針」で「国民皆歯科健診」の導入が検討されています。

あれ?もう決まったのかな??


現在「歯科健診」は1歳半と3歳、学校に通う子どもが受診対象ですが

年齢を問わずに一年に1回の歯科健診受診を義務づけることで

歯の健康を守っていくのが目的。

 

歯の本数が少なくて噛み合わせが悪いと

全身の医療費が上昇する

 

歯の健康維持が、結果的に医療費の削減につながるとわかったそうで

こればかりは政府が言っていても、納得。

 

老後の健康に対する後悔は

「歯の定期健診を受けておけばよかった」

これが必ず上位にくるようですから。

 

ブロ友・miyakoさまが、折よくこんな記事を書いていました♪

www.421miyako.com

 

歯間ブラシが続く理由(恥を忍んで告白)

コロナ禍で定期健診をさぼったら歯肉炎になりかかっていたので(汗)

歯医者さんのすすめで歯間ブラシを使い始めました。

 

珍しいけど、一年近くも続いています。

 

恥ずかしいけれど…

続けるコツを告白すると…

 

丁寧な歯磨きをしたと思ったあと

歯間ブラシをして口をすすぎ、専用ガラスコップにお口の水を戻します

汚いけど。

 

100%の確率で歯間に詰まっていた食べカスがあるのです。

 

歯間ブラシをしなければ、これが詰まったまま

それをしっかりと目で確認しています。

 

どんなに歯磨きをしようとも磨き残りが絶対にあるんです(ここ力強く言う)

  • 歯磨きがさらに丁寧になる
  • 歯間ブラシの偉大さも身に染みる

こんな循環。

 

歯の健康維持が未来の医療費削減につながると信じて

細く長く続けます。

 

小さく暮らすためには医療費にお金をかけられない

そのためには、いまから予防が必要です。

 

今日もブログにおいでいただきありがとうございました。

ブログランキングに参加中、クリックしていただけると励みになります。
いつも応援いただき感謝申し上げます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

ちょっと、シエスタ - にほんブログ村