ちょっと、シエスタ

さぼりグセのあるダメアラフィフが日々の出来事を気ままにつぶやきます

子ども嫌いだった人間が、アラカンも近くなり思うこと

ご訪問いただき、ありがとうございます。

 

昨日書いた読み始めたばかりのブログが突然消えてしまった件

www.chotto-siesta.com

 

若干まだ引きずっています…

告白「子どもが嫌い」でした

f:id:vidro-man:20200602062533j:plain

借金返済(借金地獄と書かれていました)で大変だったので

子どもが欲しいと思った時に言い出せず

子どもを持たないまま、今に至るとありました。

その代わりに自慢の姪っ子がいて、可愛がっていたけど最近会ってないそうです。

 

子どもを作る作らないにおいて

できない場合もあるし、それぞれの考え方だし

「いたほうが絶対いい」とは言えない。

 

わたしはどちらかと言うと子ども嫌い…

いや、正直にいうと大嫌いだったので

最初はまったく欲しくなかったのです。

 

ひとりっ子で育ったことと、昔から大人に囲まれて育ったので

小さい子ども(自分が子どもの時は年下)と話しをすると

会話が成立しない

意志疎通ができない

 

そのせいでどう接すればいいか、わからなかったからです。

子ども相手にそう思う時点でおかしい人間…

 

子どもがいない素敵な夫婦「DINKs(ディンクス)」にもあこがれていたし

「DINKs」調べたら今でも使うようですね!

実際そういう人たちも出会っていたので、いらないかと。

 

知らない世界を教えてくれた

だから結婚して5年間、子どもはいませんでした。

でも亡くなった母に孫が欲しいと言われ、自然に任せていたら授かったわけです。

 

現在は、子どもたちに感謝しています。

たくさん知らない世界に連れて行ってくれましたから。

 

公園デビューとそれにまつわるママ友の世界。

ふたりのお稽古事であったピアノ、剣道、空手の世界。

それにまつわるコンクールや大会に向けての取り組みと準備と

そこで知り合ったママ友たちの世界。

 

それから忘れちゃいけない、受験!

死んだ状態のもう一つのブログで一番読まれている記事が、これ。

ao-maguro.com

 

子どもがいたからこそ体験できたことが

たくさんありました。

 

でも離婚直後は、子どもがいなければ…と思いました。

仕事を見つけようにも、子どもがいると選択範囲が狭かったのです。

ao-maguro.com

 

学園祭のお知らせに感じた日常

最後に思うのは、子どもって本当にお金かかるなってこと。

 

先のブログにも「借金地獄の家に生まれたら、子どもが可哀想」とあって

だからあきらめたと…すごく胸が痛みました。

 

たしかにそうです、自分も過去形ではなくあと2年間

大学の学費とひとり暮らしの仕送りがあります。

しっかり働かないといけません。

 

子どもがいなければ、その分は好きな事に使えますし

流行りのアーリーリタイア(FIRE)も出来るのかな?

 

結局、何事も一長一短あり。

 

昨日、息子が通う大学から封筒が届いていました。

なんと、学園祭のお知らせ!

しかもリアルでです。

昨年は中止でしたが今年は感染症対策を徹底して開催するそう。

 

予約制だったので、早速QRコードを読み込んで予約を入れました。

すごく楽しみ♪

 

何がどっちに転んでもどうなっても

楽しみを見つけていくだけです。

 

今日もブログにおいでいただきありがとうございました

毎日更新の励みです、ポチっとお願いします♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ