ちょっと、シエスタ ~50を過ぎても夢みたい~

さぼりグセのあるダメアラフィフが日々の出来事を気ままにつぶやきます

死ぬまで食べてはいけない禁断の果実

また物騒なタイトルですいません…

 

朝、ボーっとテレビを見ていたら

「おうちでお取り寄せスィーツ」

なんてコーナーがあって、ある果実がのっていました。

 

ふと思い出したことがあったので書き綴っていきます。

死ぬまで絶対に食べてはいけない果物 

f:id:vidro-man:20200519235624j:plain

そう私には、死ぬまで絶対に食べてはいけない禁断の果実があります。

 

それは「柘榴(ザクロ)」です。

 

なぜ、ザクロを食べてはいけないのかと言うと…

小学生低学年頃まで体が弱くて毎週熱を出すレベルで病院に通っていました。

もう40度の熱なんてしょっちゅうでした。

 

諸事情で、小学二年から私は祖母と長崎で二人きりで暮らすこととなりました。

その時にとても信仰心のあった祖母が、私の体が弱いのが何とかならないかと

とあるところに祈祷(?)をすることになったのです。

 

死ぬまで守る約束

とあるお寺(山)にある鬼子母神様と言う神様に

願をかけてお願いするものだったと記憶しています。

 

行ってすぐとかではなく、1年以上は毎月お寺に通ってお参りし

千羽鶴を全部自分で折って納めて、満を持して祈祷をした記憶があります。

(とにかく事あるごとに折り紙で鶴を折れと言われて苦痛でした)

 

その鬼子母神様に命を預けた証として?

食べていけない果物

それがザクロでした。

 

鬼子母神(きしぼじん)伝説

鬼子母神は仏教に登場する神様。

鬼子母神は子育ての体力のために人の子どもをさらって食べていました。

それを見かねたお釈迦様は鬼子母神の子どもを隠しました。

 

子どもがいなくなり嘆き悲しむ鬼子母神にお釈迦様は

「子どもがいなくなる悲しみがわかったのなら、もう人間の子供をさらって食べてはいけない」

と鬼子母神に諭し、その代わりに人の味のするザクロ(柘榴)を食べるようにと言いました。

 

そうザクロ(柘榴)は人肉の味という例えがあります。

しかしこれは日本で生まれた俗説だそう。

 

「鬼子母神様の食べ物であるザクロを一生食べない」

これが誓いでした。

 

にわかに迫る危険

迷信と言われればそれまです。

 

ただ、長崎の暮らしが良かったせいなのか

それとも免疫や抗体が私に備わったからなのか

すっかり健康な子どもになり、大きくなるにつれ病気とは無縁になりました。

なので約束は守ることにしました。

 

って…そもそもザクロは果物屋さんでもスーパーでも

売っているところなど見たことがありませんでした。

食事のデザートでも出されたこともありません。

 

約束を守るのに何の問題もありませんでした。

 

ので、すっかりそのこと自体を忘れていました。

数年前までは…

 

数年前からザクロの健康効果、美肌効果に注目が集まって

ザクロジュースやザクロエキスなど、いろんな商品が出来てきました。

ザクロ風味とか…非常に危険です。

 

スィーツの上にものるなんて日が来るなんて。

 

ここまで来たら絶対に食べない様に気を付けなければと

気を引き締めています。 

 

今日もお読みいただきありがとうございました。

更新の励みになるのでポチッとお願いします♪
⇓ 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村