ちょっと、シエスタ

さぼりグセのあるダメアラフィフが日々の出来事を気ままにつぶやきます

人はひとりでは生きていけない、ふたたび

ご訪問いただき、ありがとうございます。

 

昨日からブログ村のカテゴリーを少し変更しました。

 

「おひとりさま」カテゴリーに参加

どうか、お見知りおきください。

ひとりっきりの定義って?

20年前、離婚しました。

 

2人の子どもをシングルマザーとして育てましたが

その子どもたちも現在、家を離れています。

 

わたし自身もシングルマザー家庭で育ち片親

その母も3年前にがんで亡くなったので

現在、完全なおひとりさま暮らし。

 

なぜ今まで「おひとりさま」カテゴリーに入っていなかったんだろう?

ブログにちょくちょく記事も書いていたのに…

くらし-おひとりさま カテゴリーの記事一覧 - ちょっと、シエスタ


その参加記念に、ひとりについて考察していく…のではなく

単純にほんとに、ひとりでいるから書くまで。

 

以前、読んだブログに

おひとりさまと言いつつ遠く離れて独立した子どもがいるのは、完全なひとりとはいえない

そして、ガッカリしたと書いてありました。

 

何にガッカリしたの?

子どもがいると天外孤独でないから?

 

でも、その後ブログを拝見していたら

旦那さんもいて、ペットも飼っていらっしゃる…

 

いつか、ひとりになる可能性の話のようで

今は全然ひとりじゃない。

 

やっぱり誰もが、そうですよね。

 

ひとりでは、何もできない

太平洋をひとりで横断するとか

エベレストにひとりで登るとか

何かに打ち込んで、目指すべきものがある。

 

そうでもない限り、完全にひとりで生きている人って

いるのでしょうか?

 

普通に暮らして普通に生きている限り

完全にひとりで誰とも関わりを持たない

そんな人はいないはず。

 

しょせん、淋しくなるのです人間は

個人的には過去に実験済みで「人はひとりでは生きていけない」と身に染みました。

人はひとりでは生きていけない - ちょっと、シエスタ

 

そしてあらためて考えれば、太平洋をひとりで渡るといっても

周りにサポートしてくれる人がいるはず

いないと達成できません。

 

エベレストだってシェルパ(ガイド)さんなど

周りのサポートがないと実現は無理で

声を大にして言いたい。

 

人はひとりでは何もできないって。

 

と言うことで、ひとりは寂しいし退屈だとギブアップして

隣の都道府県でひとり暮らしをしている大学生の息子を

「ご飯、食べに来る?」

呼び寄せました。

 

この距離感、良い感じです。

 

こうやって呼べる人間がいるから

ひとりでないと言えるか。

 

今日もブログにおいでいただきありがとうございました。

ブログランキングに参加中、クリックしていただけると励みになります。
いつも応援いただき感謝申し上げます。
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村