ちょっと、シエスタ

さぼりグセのあるダメアラフィフが日々の出来事を気ままにつぶやきます

アラフィフとアラカンの間(ハザマ)だった件

本日7月10日「納豆の日」は誕生日です。

55歳になります。

 

この歳になると誕生日はどちらかというとあまりうれしくありません…

 

そんなことよりも気になっていて目を背けていたことに

この機に向きあう事にしました。

 

アラフィフと名乗っていいのは、いつまでだろう。

アラサーがはじまり

f:id:vidro-man:20200710064525j:plain

coji_coji_acさんによる写真ACからの写真

 

 自分が使っているからか「アラフィフ」が発祥?のような感覚でいましたが

「アラサー」が2005年女性雑誌で使用されたのが始まり。

 

15年前…

そう言われればそう思う、アラフィフの不確かな記憶力。

和製英語なので海外の方には通じない?

 

ちなみにもちろんアラウンドサーティ(around thirty)の略で

30歳周辺というニュアンスで具体的な年齢をぼやかせる。

 

気をつかう日本人にピッタリな言葉です。

 

だからこんなに浸透しているのかな?

 

アラフィフ 何歳から何歳まで?

具体的な定義はないような感じですが

アラサーで27歳から33歳

でも四捨五入を考えると25歳から34歳とありました。

 

そう、定義がないのでものによって書き方が多少違う。

 

なのでアラフィフも47歳から53歳と書いてあるものもあれば

45歳から54歳と書いてあるものもある。

 

そうすると、やっぱりもう今日からアラフィフではないのね。

 

そしてアラカンの定義を見たら

ここからなぜか、57歳から63歳と書いてあるものをみつけ

 

あれ?どこにも属さない??

 

アラフィフとアラカンのはざま

55歳、56歳、57歳はたしかにアラカンとは呼びにくい(そう思いたくない?)

 

ということで今日からは「アラフィフとアラカンのはざま」

という事にしておきます。

 

都合の良い時には「アラフィフ」と使おうかな。

 

まあ、そもそも年齢をぼやかすための表現なので

定義しなくてもよいのかも…

なんて都合の良いように解釈しておきます。

 

そういえば最近「こんな、おばさんに言われたくないよね」的な表現

もう、おばさんではなく、おばあちゃんかもと思っていました。

 

うーむ、人はそうやって自覚していくのか。

 

Twitterでもアラフィフブロガーと名乗っていましたが

そろそろプロフィールを変更せねばです(汗)

 

今日もブログにおいでいただきありがとうございました

更新の励みになるのでポチっとお願いします♪
⇓ 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ