ちょっと、シエスタ

さぼりグセのあるダメアラフィフが日々の出来事を気ままにつぶやきます

おひとりさまの備え、家の鍵がないとき

ブログにおいで頂き、ありがとうございます。

 

かねてより不安に思っていたことが起きてしまいました。

家の鍵がない!

f:id:vidro-man:20201105072737j:plain

昨日の帰りの電車に乗り込んだ時、カバンになんとなく手を入れて家の鍵の場所を確認しました。

ホントに何気なくです。

 

家の鍵がない!

 

いつもショルダーバックのポケットに入れているのですが

探しても探してもないのです!

 

いつかこんな日が来るとはわかっていたけれど、とうとうやってしまったか…

 

おひとりさまでなかった時から、ごくたま〜に鍵を持って家を出るのを忘れることがありました。

 

でも家族がいれば鍵は開けてもらえたし

電話やLINEで連絡してどこかに置いてもらうこともできました、

 

鍵開けを業者に頼んだ友人の話

高齢の母とふたり暮らしの友人の話です。

 

ある日、鍵を持って出るのを忘れたか会社に置いてきてしまったかで家に帰った時にお母さんに開けてもらおうとしたら…

家が真っ暗で呼んでも出て来ない。

 

お母さんには持病があって中で倒れているのかと

あわてて業者さんを呼んで鍵を開けてもらったそうです。

 

家に入るとお母さんは急遽短期入院をすることになったそうで置手紙があったそう‥

何事もなくて良かったのだけど業者を呼んでの鍵開けには結構な金額が。

特殊なカギで遅い時間だったから2、3万円ほどだとか

 

その話がとても印象に残っていました。

 

彼女はそのあと高齢の母に携帯は持つようにしてもらったそう。

 

備えあれば患いなし 

そんな話も聞いていたので備えておくかと春先に家の鍵をどこかに隠すことにしました。

 

家の鍵を開けてくれるものは誰もいないし業者を呼ぶのもイヤです。

 

家の周りで誰もさわったりしないような場所…

ボロい倉庫の中のとある場所に隠しました。

 

そしてその鍵を置いてはや半年以上。

 

先日、断捨離中に鍵の隠し場所の近くに行ったので「ちゃんとあるかな?」と久々に確かめたのです。

鍵を置いて2度目。

 

そして昨日、役に立ちました…

 

備えておいて心から良かった。

ひさびさに自分で自分を褒めることとしよう。

 

おひとりさまの方は、みんなどうしているのだろう。

住まいが近くなったら、予備の鍵は会社に置いておこうと今から考えています。

 

今日もブログにおいでいただきありがとうございました

更新の励みになっています、ポチっとお願いします♪
⇓ 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ

ちょっと、シエスタ - にほんブログ村