ちょっと、シエスタ

さぼりグセのあるダメアラフィフが日々の出来事を気ままにつぶやきます

子どもの頃に根拠もなく信じていたことがあった

昨日は忘年会でした。

 
テーブル毎に食事をとるスタイルだったので

入り口でくじ引きをして、指定されたテーブルに座りました。

 
普段話すことの少ない部署の子たちとも、お話ししながら

楽しく食事ができました。

 

その中でとっても面白い話があったので書いていきます。

いつか大人になったら…

白いガーベラ

 

ちょっとおしゃれなレストランだったので、テーブルマナーに少し戸惑いつつも

美味しく食事をいただきました。

うちにしては珍しいことです、どうしたんだろう…


「なんかこんなの、慣れないなぁ~」と

もうすぐ30になるイケメン男子が苦笑い。

 

「大人になったら、こういうものは自然にできると思ってた」

と言いながら食べていました。

 

そして大人になったら、家や車も自動的に手に入るもんだと思っていた、と。

 

「それって国から支給されるって事?」と聞くと

「そうです」

 

一体どこの国なのだろう、そこは。

 

自分も同じようなこと考えていた

みんなで大爆笑してしまったのですが

冷静によーく考えると、自分も同じようなこと考えていたと思い出しました。 


遠い遠い昔…

 

大人の名前はみんな大人っぽくて素敵だから

自分の名前は子供っぽいから、大人になったらきっと名前を改名するのだと

ずっと信じていた時期があります。

何の根拠もなくです。

 

それから泥棒に入られてお金を盗まれたりとか

そういう事件をニュースで聞くたびに

「盗まれたお金は、全額警察が返してくれる」と

ずっとそう思っていた時期があります。

何の根拠もなくです。

 

そう考えると人の事を、まったく笑えませんでした。

 

なんだか子供の頃って、意味もなく信じ込んでいるものってあった気がします。

皆さんにもそういうもの、ありませんでしたか?

 

ブログ村ランキングにチャレンジ中~

押して頂けると更新の励みになります♪

⇓ ⇓ ⇓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

 

もうひとつブログやっています、のぞいてください♪

f:id:vidro-man:20191007231242j:plain