ちょっと、シエスタ

さぼりグセのあるダメアラフィフが日々の出来事を気ままにつぶやきます

「老後2000万円問題」の報道にギモン

何だかんだ、ずっとやっていますが、この問題 

最初に持った印象と今の報道とズレてきている気がするのは

 

わたしだけ?

 

年金だけですべて足りると思っていましたか?

「年金払ってきたけど、足りないの?」

という感じになっているけど

 

もともと年金だけで足りると、思っていましたか?

 

年金制度が作られた時より20歳は平均寿命が伸びています。

それに伴って働ける年齢も伸びています。

 

よってプラスアルファで必要と言うだけではないのでしょうか?

 

だってこの報告の最初に人生100年時代を見据えて」

って言っていましたよね?

電卓で老後資金の計算

豊かな老後を国が補償???

国がすべてを面倒みてくれる?

いつ、日本がそうなりましたっけ?

 

消費税も外国に比べて低いから「自分で貯めて、なんとかしなよ」という国だと思っていました。

 

高福祉・高負担と言えば

スウェーデンノルウェーフィンランドの北欧三国が思い浮かびます。

これらの国の特集は数年かに一回はNHKの何かのドキュメントで見ているような気がする

 

手厚い保証で老後の心配がない国と言う印象ありますよね?

 

しかし、スウェーデンの国民負担は76%

一番低いフィンランドでも50%後半です。

しかも消費税も25%と日本の3倍!

そりゃ違うでしょう…

 

自分で何とかしないといけない国

日本の公共サービス?は”官から民”へと移っています。

鉄道も郵便もたばこ産業などなど

なので”民”を利用して豊かな老後のために

「プラスアルファは自分でなんとかしてね!」

と言うことだと思っていました。

 

ち、違うのかな?

 

なので、取りつくろう事もないのに…何だかおかしい。

 

終身雇用で退職金制度もしっかりしていた今の70歳以上の方々は

すべてがそうだとはいいませんが

持っている方は2000万くらい持っていそう。

 

少なくとも今の若い世代の50年後には勝っている気がする。

 

 

さいごに、国会の様子を見ていて

何だか学級会しか見えませんでした。

 

すぐ先生に言いつける委員長・蓮舫ちゃんが

「太郎くん、ちゃんと書類読んだ?読んでないでしょ?」

「いや、全部は読んでないけど、それが」

と、無愛想な太郎くん

 

「えー、それないわぁ」

「ウソだろぉ」 

ざわざわ、ざわざわ、ざわざわ…

 

こんな感じだった気がしないでもない。

 

 

ブログ村ランキングにチャレンジ中です!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

 

もうひとつブログやっています♪

f:id:vidro-man:20190616225141j:plain