ちょっと、シエスタ

さぼりグセのあるダメアラフィフが日々の出来事を気ままにつぶやきます

家の売買契約をして心から感じたこと

ブログにおいで頂き、ありがとうございます。

 

延期になっていた二世帯ボロ家の売買契約ですが…

www.chotto-siesta.com

 

無事に終わりました。 

なのでプロフィールも変えました

人生で一度きりの体験

f:id:vidro-man:20191130103933j:plain

基本的に猜疑心が強いので完全な契約完了まで100%安心していませんが

すいません、こんな人間なのです…

取りあえず、ひと山は越えたかなと思います。

 

以前、この記事で書いていた体験をしました。 

www.chotto-siesta.com

  

家の売買契約なんて人生で一度きりだと思います。

 

大手不動産屋さんのきれいなお部屋(表現がチープ…)で契約は行われました。 

 

高そうなテーブルにコロナ対策のための大きなアクリル板がたくさん置かれていて

すごく厳か…というより面会室みたいでした(笑)

 

このコロナ禍でよくここまで来れたなぁとしみじみ。

買主さんのご職業はコロナには左右されない仕事だそうです。

 

営業マンが宅地建物取引士に変身

重要事項説明書なる書類とその他、たくさんの書類が置いてあるテーブルで

あらためて買主さんとご挨拶をしてスタート。

 

重要事項説明書の説明が始まる前に

担当営業マン・マジメ君が宅地建物取引士の証明書を見せてくれました。

 

免許証みたいなもので、初めて目にしました。

これがないと説明できないらしい。 

 

優秀なんだろうと思っていたけれど、やっぱり当たりでした。

ネットで調べたら大手不動産屋の営業マンはみんな持ってるそうです

 

細かい細かい部分まで丁寧な説明を受けて

契約書にサインして、仲介手数料を払って

2時間はかかりました…

 

大きな契約だから仕方ないか。

 

手にしても何も変えてくれない

手付金は本当に現金でした。

そして、それを持ってきた買主さんと営業マンの前で子どものような下手っぴな数え方で数える…

苦痛の時間がありました。

 

当初の予想通り現金は自転車のカゴに入れ

ひったくり防止カバーをかけて持って帰りました。

 

老後の資金となる大切なお金です。

 

まとまったお金を手にしたことがない人間なので

お金を手にしただけでは何も変わらないのだとあらためて思い知りました。

 

「幸せって本当にお金で買えないんだ」

 

自分のとる行動だけが自分を変えていく

少しだけ身軽になって歩いて行きます。

 

今日もブログにおいでいただきありがとうございました

毎日更新の励みになっています、ポチっとお願いします♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ

ちょっと、シエスタ - にほんブログ村