ちょっと、シエスタ

さぼりグセのあるダメアラフィフが日々の出来事を気ままにつぶやきます

服の断捨離がこれで一気に進む「あなたの人生、片づけます」

ご訪問いただき、ありがとうございます。

 

断捨離にふたたび取りかからねば、と思った矢先

素敵な本に出会いました。

垣谷美雨「あなたの人生、片づけます」読了

こちらの本です。

 

主人公・大庭十萬里(おおばとまり)はブログが出版社の目に留まって

片づけ本をだしている50代主婦

なんだか心当たりがありそうな設定です(笑)

 

その十萬里さんが原因を探りながら、依頼者の部屋を

正式な依頼者は必ず本人の家族ばかりですが…

きれいな部屋に蘇らせていく4話連作の本。

 

十萬里が片づけをするわけではなく、片づけの方法を教えます。

 

片づけられない人は、それぞれが問題を抱えており

お話としても面白いですが

断捨離スイッチが入るセリフが満載だったので、ご紹介。

 

身に染みるセリフたち

十萬里のセリフが、とにかく共感できます。

 

いざというときに困らないよう、生活必需品は買い置きをしておく。

今は要らなくても、いずれ必要なときがくる。

安い時に買い溜めし、人様から頂いたもの大切に取っておく。

 

これ、めっちゃ、心当たりあります。

ただそれは豊かでなかった時代を生きた知恵で、今の時代にはあわないと。

 

特に年配の方は戦争による質素倹約の反動で、服をたくさん買い

数年ごとに車をや家具も買い替える…それが当たり前で

 

考えてみれば、日本人のほとんどが<成り上がり>だったんです。

 

だから、ものを買う行為そのものに快感を覚えるようになった

うーん…

深く共感しかありません。

 

良質なものを少しだけ持ち、長く大切に使うという古き良き習慣

 

これがすたれてきているとも

ここ、ミニマリストの思想に通ずるような気がします。

 

断捨離、最後は気持ちの問題

買い物は、とても難しい

だから無駄遣いしてしまったと落ち込むことがあるけど

 

無駄遣いしてしまったと思っている服や靴こそ、思い出さないよう処分した方がいい

 

そのほうが精神的にも良いと十萬里は言ってくれます。

 

よく着る服は、やっぱり新しく買った服なので

古い着ない服は捨てるべき。

 

そして捨てるのはモノだけではなく、そこに沁みついた気持ち

この本を読んで、そう思わせてくれました。

 

 

ママチャリ遠出をしてきたので昨日はブログをお休みしました(汗)

やっぱり体を動かすとリフレッシュします

大切ですね。

 

断捨離もまた始めます。

この一年で袖を通していない服がありました。

あんなに断捨離してきたのに、まだ捨てるものはある。

 

55歳の壮大な断捨離、最終章突入しました(笑) - ちょっと、シエスタ

 

何のために断捨離するか?

 

新しいお気に入りの服を買うため

 

これなら断捨離、進みそうだと思いませんか?

 

今日もブログにおいでいただきありがとうございました。

ブログランキングに参加中、クリックしていただけると励みになります。
いつも応援いただき感謝申し上げます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村