ちょっと、シエスタ

さぼりグセのあるダメアラフィフが日々の出来事を気ままにつぶやきます

体と心を大切に ストレスが万病のもと

ご訪問いただき、ありがとうございます。

 

「病は気から」と言います。

病気は気持ちの持ちようで良くも悪くもなる

一理あると思っています。

 

ストレスは万病のもと

今日は別の記事を書こうと思っていたのですが

ジャスミン様のこの記事を見て

yamekanri.com

 

共感して自分も書きたくなりました。

「病は気から」と少しニュアンスが違いますが

やっぱり気持ちの部分での体調不調はあると思う。

 

ストレスが体の不調を呼ぶ

 

そう思います。

 

友人に原因不明の不調に悩んでいる子がいました。

検査をしても原因がよくわかない。

 

わたしと同じシングル家庭で、おひとりさま

お母様を亡くされた時から悪くなっていったように思います。

 

気持ちをちょっとでも強く持って前を向いて欲しかったのですが…

どんなに励ましても、何を言ってもダメでした。

10年ほど前に疎遠になってしまいました。

 

体内の炎症がコワイ

調べてみると医学的な根拠もあるようです。

 

人は心理的なストレスを強く感じる環境に置かれると

免疫力が下がって体内の炎症を悪化させる事は、分かっているそうです。

 

臓器にも影響を与えて

高血圧、糖尿病、心臓病のリスクが高まる。

 

ストレスを感じる時にでもポジティブな行動を取れる人が

(臓器の)炎症を起こしにくいとの研究結果もあるそうですが

 

臓器の炎症!?

 

字面だけで怖いのですけど…

 

そして「病は気から」の「気」は気血水の「気」ともありました。

これって東洋医学的なやつ?

 

気とは体の中を巡っているもので

これが不調になると病気を引き起こす

 

まあ、くよくよしてると病気は起こりがちってことですよね。

 

気持ちを前向きにするものが必要

f:id:vidro-man:20211014081015j:plain

ただ「ポジティブにいこう」と言って

それがすぐに出来れば、最初からふさぎ込みません。

 

そんな時いいのが

「違うものに目を向ける」

これだと思います。

 

友人も犬や猫などのペットを飼って欲しかったけど

動物嫌いで、マンション暮らしなので無理。

 

でも好きな映画やドラマの話をする時は生き生きしていました。

熱中できるものがあると、その時は元気でした。

 

こんなのも書いてたっけ

ハッピーホルモン「オキシトシン」でストレス撃退 - ちょっと、シエスタ

 


実は、仕事が今めちゃくちゃ忙しく体が悲鳴あげてます。

 

でも先日の旅のおかけで元気

生きてるだけで丸もうけ、そう思った旅 - ちょっと、シエスタ

 

だって、生きてるだけで丸もうけだもん。

 

今日もブログにおいでいただきありがとうございました。

ブログランキングに参加中、クリックしていただけると励みになります。
いつも応援いただき感謝申し上げます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ