ちょっと、シエスタ

さぼりグセのあるダメアラフィフが日々の出来事を気ままにつぶやきます

何をもって人を信頼する?やっぱり人となり

ご訪問いただき、ありがとうございます。

 

「この人は信頼できる」

何をもって判断しているのか、少し考えたい事がおきました。

会ったことない人との信頼関係

f:id:vidro-man:20210728084212j:plain

「この人、信頼できるかな?」そう思う人とやり取りをしています。

 

特にコロナ禍になってから

一度も会ったことがない

オンラインでしか話したことない

チャットでしか、やりとりしたことがない

 

そんな人がいます。

 

まぁ、ちゃんとした会社なんだから信頼に値するとは思うのですが…

どうしても信頼できない。 

 

なぜだろう?と考えると

やはり、ちょっとしたやりとりが影響しています。

 

もらった書類にミスがあったり

指摘すると直しといてくださいと言われたり

◯◯さま側から指示をいただいたからと、こちらの責任にするし

 

さらに先日は、連絡なしに進めた作業もあって

どうしても

 

信頼できない。

 

お前が信頼できないのだ

ずっと、そう思っているとやはり出てしまうもの

昨日はとうとう「それは必要ですか?」

聞いてしまいました。

 

もちろん必要性を細かく説明してもらうと

ものすごく納得はできました。

でも、モヤモヤします。

 

そしてその時、気がついたのです。

 

信頼できないあなたが薦めるものだから

信頼できないのだ、と。

 

子は親の鏡、親は子の鏡

関係あるか自分でもわからないですが

この言葉をなぜか連想してしまいました。

 

結局、最後は人となりが影響するのだと

思った次第。

 

信頼される人はどんな人?

もうこんな時は、ネットしかない(笑)

 

信頼される人とは…

  • 責任感がある
  • 約束、スケジュールを守る
  • 報告、連絡、相談をキチンとする
  • 失敗を隠さない、ごまかさない
  • 人のせいにしたり言いわけをしない

 

すばらしい、すごく当たり前の回答がありました。

 

ネット、デジタルの世の中になろうとも

人との交流がSNSを介してになろうとも

人として当たり前の行動が信頼を生むのだと

あらためて感じました。

 

自分も肝に銘じなければと思うとともに

やっぱりブログに書くことで落ち着けました。

ありがとうございます

 

今日も元気に働きます。

 

ブログにおいでいただきありがとうございました。

ブログランキングに参加中、クリックしていただけると励みになります。
いつも応援いただき感謝申し上げます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ