ちょっと、シエスタ

さぼりグセのあるダメアラフィフが日々の出来事を気ままにつぶやきます

老後の9割は50代、60代で決まるってよ

ご訪問いただき、ありがとうございます。

 

ちょっと「桐島、部活辞めるってよ」調にしてみたタイトル(笑)

 

「桐島、…」映画で観ました、わりと好き。 

一番印象に残っているのは、桐島自身が一切出てこないところ。

「投資バカ」にあった言葉 

それは置いておいて

先日のこのブログで印象に残ったと書いた言葉。 

www.chotto-siesta.com

 

老後、大切なものの中に

「いざという時どれだけ駆けつけてくれる友人がいるか」

ではなく

「いざという時どれだけ駆けつけられる友人がいるか」

 

微妙な言い回しが異なっていましたが、 

図書館から借りた本を読み直していて見つけました。

 

こちらの本のあとがきに書いてあったのです。

投資バカ ~50歳を過ぎたら取ってはいけないお金のリスク (宝島社新書)

 

テレビでもお見かけしたことある萩原博子さんの本で

とても読みやすかったです。

 

それにしても、すごいタイトルですよね~

タイトルは重要だと再認識。

 

50代以降の投資のリスク

f:id:vidro-man:20210824071931j:plain

 

サブタイトルにもある「50歳を過ぎたらとってはいけないお金のリスク」にあるとおり

「豊かな老後のために投資をしましょう!」と

IDeCoや、積み立てNISA、NISAなどが推奨されていますが

この本では「おやめなさい」と止めています。

もう、やっているんですが…

 

老後のお金を投資で作ろうと考えてはいけないと。

 

それはある意味当たっていると思います。

ある程度まとまったお金を持っている50代以降の人間は

カモになりやすい(笑)

 

長生きを見越して20年後、30年後への投資ならよくても

すぐにリターンがある!は危険ですよね。

 

何度繰り返してもニュースで「破綻」だの「逮捕」だの聞く投資話

あれ、あれ。

 

節約に勝る貯めわざはない 

この本で言っていることは「借金を減らして、現金を増やせ」

 

借金というのは、もちろん住宅ローンも含まれます。

定年までに借金なし生活!

定年までに住宅ローンを終える事を薦めています、賛成です。

 

そして節約は今、言われているものばかり

  1. 通信費(格安SIM)
  2. 保険料の見直し
  3. 自動車の経費

 

通信費以外はクリアしてるので自分的にはここが最後の砦。

外回りの仕事がなくなったら、考えようと思ってます。

 

この本は発行が2018年だったのでコロナのことが一切含まれていませんが

勉強になりました。

 

いまの日々が老後を決める

それは間違いないので気を引き締めてかからねばです。 

 

今日もブログにおいでいただきありがとうございました

毎日更新の励みになっています、ポチっとお願いします♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ