ちょっと、シエスタ

さぼりグセのあるダメアラフィフが日々の出来事を気ままにつぶやきます

家の売却を頼む不動産屋を決めた理由

ブログにおいで頂き、ありがとうございます。

 

不動産屋さんと家の売却のための契約をしてきました。 

 

なぜ、その不動産屋さんに頼むことにしたのかフィーリングで決めたと書きましたが

よ〜く自分のフィーリングを分析してみました。

不動産屋さんの個人情報は大丈夫?

f:id:vidro-man:20201013072942j:plain

とある不動産屋さんと専任媒介契約を結びました。

 

土地付き、倉庫付きの特殊な2世帯ボロ屋なので特定の不動産屋さんに頼む契約です。

 

ちなみに一般媒介契約だと複数社に仲介してもらえます。

駅チカマンションは一般でも売れると思うので、一般媒介を検討するのもあり。

 

それは置いておいて‥

「頑張って売ります!」

と若い結婚したばかりの担当者は言ってくれました。

 

ちなみになぜ、この人が先月結婚したばかりなのを知っていたのかと言うと

ポストに放り込まれるチラシに

「わたくし事ですが結婚しました」

ますます頑張るのでよろしく的なメッセージが書いてあったからです。

 

そう、そのチラシには

この地区を担当している〇〇〇〇です!

とあまり上手くない似顔絵とプライベートまで書いて印刷されてポスティングされているのです。

 

個人情報は大丈夫なのだろうか?

 

人柄ってでると思う

結婚したばかりでお仕事にも一層励むだろうということも小さな一押しにもなりましたが

そういえばその方の出身地も知ってます。

 

それは、なぜ売却するかの話で

「子どもたちが遠く離れて住んでいて多分戻らないだろうから」

と話した時に、自分の実家もそうだなとポツリとこぼしたからです。

 

山口から大阪の大学に来て就職して、もう故郷には戻らないから自分の実家もそうだなぁと。

 

こういう素の部分にとても好感が持てたからだと思い当たりました。

 

よく考えれば全然フィーリングではない?

 

大好きな「逃げ恥」風にいえば

小賢しい?

 

そうそう、契約したはいいけど意外とやることが多いとわかりました。

やっぱりひと仕事のようなので続きはまた書きます。

 

今日もブログにおいでいただきありがとうございました

更新の励みになっています♪ ポチっとお願いします!

⇓ 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ

ちょっと、シエスタ - にほんブログ村