ちょっと、シエスタ

さぼりグセのあるダメアラフィフが日々の出来事を気ままにつぶやきます

やっぱり借金を残して死んではいけない

亡くなった女優・島田陽子さんの遺体の引き取り手がなく

遺体安置所にそのままというニュースに驚きました。

ブログで知ったニュース

情報番組は、旧統一教会とコロナと雨の被害プラス台風の進路の話題で

そのニュースをテレビでは見ていません

取り上げている同年代の方々のブログで知りました。

 

この年齢になると他人事でないからでしょうか

沢山のブログを目にしました。

 

影響を受けて、ご自身の家族観、死生観を書かれている方もたくさんいました。

 

成功して一世を風靡したのに最期は悲しい

そんなニュースを定期的に目にしているような気がします。

 

引き取り手がないワケ

いくら過去にはいろいろあっても、死んだときくらいは…

そう思う人も多いでしょうが

たくさんの借金があるのに、まったく返済の目処もなかったようです。

 

豪華なタワマンに高級外車、でもあちこちに借金

この人も「死んだらチャラ」

そう思っていたのでしょうか。

借金を残して死んではいけない(子どもがいるなら絶対に) - ちょっと、シエスタ

 

遺体引取り手の実妹の方々は、金輪際、関わりたくないのでしょう。

 

こと借金に関しては自分もいろいろあったから、わからないでもない

モヤモヤします。

 

そこにはいません

 

死んだらそれまでなのだから、遺体が誰かと一緒に燃やされそうが

無縁仏になろうが構わないという考え

わたしもあります。

 

亡くなった母も「死んでからお金をかけないで欲しい」と

家族葬を強く望んでいました。

でも家族葬も意外とかかるとやってみると分かりました。

ao-maguro.com

 

自分のときのために調べ始めましたが、年々そのニーズは増えているからか

選べる業者も増えてきてます。

 

そういえば、いまはお盆

この猛暑の中、みなさまお墓参りしているのでしょうか?

 

墓じまいをして、母は永代供養の墓に入りました。

 

一周忌の時とコロナで遅れた納骨の時と亡くなってから

まだ2度しか行ってません。

薄情でしょうか?

 

リインカーネーション、生まれ変わりを信じているので

私のお墓の前で泣かないでください

そこに私はいません、眠ってなんかいません

 

やっぱりこれが、わたしの死生観です

そして絶対に借金を残しては死にません。

 

今日もブログにおいでいただきありがとうございました。

ブログランキングに参加中、クリックしていただけると励みになります。
いつも応援いただき感謝申し上げます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

ちょっと、シエスタ - にほんブログ村