ちょっと、シエスタ

さぼりグセのあるダメアラフィフが日々の出来事を気ままにつぶやきます

お墓には誰もいない、それでいい

ブログにおいで頂き、ありがとうございます。

 

この週末は世間様と同じく4連休です。

 

たっぷりあるお休みの初日の朝のまったり時間…

いまが一番幸せ。

Youtubeで川のせせらぎ動画をかけて更に癒されています

 

この気持ち、留めたいからここに書かせてください。

死んでからのセレモニーは必要ない

f:id:vidro-man:20200411194326j:plain

 

昨年、母が亡くなりました。

ちょうど一年が経ちます、昨日が命日でした。

 

なのに一周忌の法要、そもそも初盆もしていません。

それはお墓も仏壇もうないからです。

 

www.chotto-siesta.com

 

いや、お墓や仏壇がなくても、どこかですることも出来ますが

「死んでからのセレモニーは必要ない」

そういう考えの母でしたし、わたしも同意見なのでしていません。

 

ただ本来なら夏のお盆休みには帰省した息子と娘といっしょに

写真を前に故人を偲んで食事をする(自宅で)

ということくらいはするだろう…と何となく思っていましたが

 

コロナ禍で吹き飛んでしまいました。

 

お墓にはいなくていい

これからお墓参りに行きます。

 

お墓と言っても、これも墓じまいをしたので永代供養をしている霊園です。

 

墓じまいの手順と費用、様々な手続きはどうする? | まぐスタ

 

お骨をあずけていて個人の形としてあるのは名前のプレートだけ。

 

実は死んでからは「生まれ変わる」

そんなことを信じていた…

いや、信じたかった時期がありました。

 

そんな風に考えるようになったきっかけは伯父の死でした。

 

伯父の死を乗り越えるのを支えてくれたもの - ちょっと、シエスタ

 

「生まれ変わる」というと少し胡散臭く聞こえますが

誰もが共感する名曲「千の風になって」のフレーズ

 

私のお墓の前で泣かないでください

そこに私はいません

眠ってなんかいません

千の風に千の風になって

あの大きな空を

吹きわたっています

 

これならどうでしょう?

 

親しい周りの人の死に関して自分が思うのは

もう二度と会えない

ただ、それだけです。

 

でも、どこかで見守ってくれていたら‥そんな思いが誰もがあるのでしょう。

 

個人的には、次の人生を楽しく幸せに生きて欲しいと思います。

だって自分は、いま、幸せを感じられるから。

 

ところで「そこにはいないなら、なぜ墓に行く?」ということになりますが‥

まあ、そこは人の慣習という事で。

 

霊園に向かうバスには、たくさんの人が乗っています。

 

今日もブログにおいでいただきありがとうございました

いつもありがとうございます、更新の励みになっています♪
⇓ 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ

ちょっと、シエスタ - にほんブログ村