ちょっと、シエスタ

さぼりグセのあるダメアラフィフが日々の出来事を気ままにつぶやきます

42万円の臨時収入とそれにまつわる考察、つづき

ブログにおいで頂き、ありがとうございます。

 

昨日の記事はたくさんの方に読んでいただきました。

保険って何となく入っているけど「実はどうよ?」

なんて思っていたのですが…

 

同じように考えている人も多いのでしょうか?

www.chotto-siesta.com

 

中途半端だったので続きを書いていきます。

保険はトータルで考えると損

f:id:vidro-man:20190807221339j:plain

 

死亡時には一切出ないけど入院すると1日1万円

手術で20万円でて掛け金が生涯4,720円の保険をかけていました。

 

両目の白内障の手術をして、42万円の振り込みがありました。

 

10年前、保険アドバイザーの方のアドバイスを受けて入った保険。

でも今思うと、その人が売りたかった商品なのかも…

 

計算すると月4,720円×12か月×10年で56万6,400円も払っています。

 

今回、10年目で初めて保険を使いましたが

トータルだとやっぱり損をしています。

 

いくら保険金がでても払い込んだ保険料の方が多くなるのは世の常のよう。

※医療保険の場合です、生命保険は違う???

 

保険会社からしたら当たり前ですよね

会社が成り立ちませんから。

 

保険に入るのがあたりまえ

なら、どうして保険をかけてしまうのか?

 

これはもう慣習だったと思います。

 

わたしの親世代たちは結構な額の保険をかけていました。

わたしの母しかり、元旦那のお義父さんしかり…

 

結婚したり子どもが生まれると

「そろそろ、保険を掛ける時期だね」と言わんばかりに

親戚や近所の親しい人伝いに保険の勧誘がやってきました。

 

なので自分も結婚して元旦那にかけていました。

死亡保障〇千万、手厚い医療保障のある大手保険会社の保険を。

 

元旦那が事業に失敗したおかげ(?)で解約しましたが…

 

月々の保険料が15,000円くらいあって払えなくなったからです。

 

なので10年前に月々4,720円の保険に入った時

「いい買い物できた」

と思っていたのです。

 

保険マジック?

保険料は毎月何となく引かれているので

払っている感が薄れています。

 

わたしはポイント目当てでクレジットカードから引き落としているので通帳にその保険名の記載もありません。

 

そして今回のように申請して大金が手元にきて

「保険ってすごい!」となります。

ええ、一瞬そう思いました、今回も。

 

病気になった時にお金を貯金から取り崩すのはイヤな感じがします。

それよりも保険会社からたくさんもらえた方が「長年にわたって良いもの買った」

と思えます。

 

ここが保険マジックなのかも?

 

つねに見つめ直す

とりあえずわたしの場合は手術するものはしたし(両眼の白内障と子宮全摘済み)

ここらで解約どき、かもです。

 

家系的に見渡すとほぼ皆、がんなので備えていました。

ちなみに別で、がん保険も入っているという心配っぷりで

「そっちだけで良いのでは?」と。

 

この休みに見直します。

 

つけ加えるなら保険会社から書類を取り寄せ

主治医の先生に診断書を書いてもらって

保険会社に送る。

これも結構手間です。

 

考え方は人それぞれ、いろんな事情が絡むので保険に入らない方が良いわけではありません!

 

いつ、どんな病気になるかわかりませんから。

 

今回のことは定期的に見直す良いキッカケになりました。

 

今日もブログにおいでいただきありがとうございました

更新の励みです♪ ポチっとお願いしま~す!
⇓ 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ

ちょっと、シエスタ - にほんブログ村