ちょっと、シエスタ

さぼりグセのあるダメアラフィフが日々の出来事を気ままにつぶやきます

花よりも実のある暮らし

ご訪問いただき、ありがとうございます。

 

部屋に花を飾るとテンションがあがります。

でも最近ハマっているのは花ではなく

実です。

名前を知らない実

初めて出会ったのは昨年の夏。

 

かわいいなぁと思って何となく買いましたが

名前がわからない…

 

お花屋さんはちゃんと名前を書いて売っていますが

あわて者で粗忽者は、何も見ずに帰ってから困る。

 

こんな時は、Twitterです。

 

 

ヒペリカムという名前だとすぐにわかりました。

かえでさま、ありがとうございました♪

 

f:id:vidro-man:20220129125023j:image

この時は、グリーンの実でした。

 

長く鑑賞できるヒペリカム

年末、お正月用のお花を買いに行った時

赤いヒペリカムが目に入りました。

 

一本150円と安かったので、つい買ってしまいました。

 

ヒペリカムは2週間以上は持ち長く鑑賞できます。

 

根が貧乏性な人間は、そこも気に入りました。

 

枯れ始めていたので、またまた買いに行くと

今度は淡いピンクや白も売っていました。

 

ピンクの実を購入。

可愛い…

f:id:vidro-man:20220129124902j:image

なぜか今度は一本200円

 

不気味な伝説と素敵な花言葉

せっかくなのでこれを機に調べてみました。

 

ヒペリカムは中国が原産で弟切草科

そんな名前のゲームがあったな…

実は赤や濃いピンクが多いのですが

淡いピンク、オレンジ、白、グリーンなどなどカラーバリエーションが豊富。

 

でもいろんな実の色があっても

花の色は全て黄色

 

面白いですね。

 

ますます興味がわきます。

f:id:vidro-man:20220129125511j:image

 

弟切草の名前の由来は

弟がヒペリカムを原料にした薬の秘密を漏らしたため

兄が激怒して切り殺したという不気味な伝説。

 

なのにヒペリカムの花言葉は

 

きらめき

悲しみは続かない

 

鮮やかな黄色の花が太陽の光を受けて輝いているように見えからだそうで

ますます気に入りました。

 

部屋の雰囲気をかえるのに花もいいけど、実もいい。

 

そして、まだまだ

きらめいていたいものです。

 

今日もブログにおいでいただきありがとうございました。

ブログランキングに参加中、クリックしていただけると励みになります。
いつも応援いただき感謝申し上げます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ