ちょっと、シエスタ

さぼりグセのあるダメアラフィフが日々の出来事を気ままにつぶやきます

老後資金に朗報なのかiDeCoの期間延長 

ご訪問いただき、ありがとうございます。

 

寒くなると心許ないし、自分の行く先も憂うようになります。

 

もしまだiDeCoを迷っている50代の方がいたら

延長されるニュースは見逃せません。

私的年金が改正、関係あった

雑誌を読んでいると「2022年4月1日から私的年金改正」とありました。

 

何のことやら関係ない?と思ったら…

ありました。


私的年金とは公的年金に上乗せできる年金制度。

 

わかりにくいけれど確定拠出年金(iDeCo)が代表例。

わたしもかけています。

 

確定拠出年金には企業型と個人型

2種類があります。 

 

勤務先が保険料を払ってくれるのが企業型

うらやまし〜い!

わたしは自分で払ってるので個人型

そうこれが通称、iDeCoです。

 

自営業者や専業主婦の方も加入できます。

 

自分でも備えないといけない老後

f:id:vidro-man:20210824071931j:plain

これまで加入の年齢上限は60歳でしたが

これが来年2022年5月以降に期間が引き上げられるのです。

 

つまり老後に備えて準備ができる…というか

老後の時間が伸びたので

「備えよ」

ということです。

 

ちなみに企業型は65歳から70歳に

IDeCoは60歳から65歳まで延長です。

 

いつまで働くか問題

自営業、フリーランス、専業主婦(主夫)の人は、60歳になると国民年金被保険者でなくなるためiDeCoに加入できません。

ただし国民年金「任意加入制度」を利用する人は、60歳以降も加入できます。

 

そう、iDeCoをかけ続けようと思えばやはり

働かなければ厳しい。

 

www.chotto-siesta.com

 

iDeCo延長となれば、さらに後押しされている感じです。

 

いつも行きつく、この答え。

長く働くなら、細く長くとは思います。

 

そう、忘れてならないiDeCoは税金対策でもある点。

 

先日、年末調整の用紙を提出しましたが

控除の欄にiDeCoの積み立て額を書きました。

ま、わずかな掛け金なんですが…

 

40代の税金いっぱい取られていると嘆くおひとりさま女子も

今年iDeCoデビューを果たし「書きましたよ!」と喜んでました。

 

今週末は寒波到来とか

おこもり決定なのでお金の勉強します。

 

今日もブログにおいでいただきありがとうございました

毎日更新の励みです、ポチっとお願いします♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ