ちょっと、シエスタ

さぼりグセのあるダメアラフィフが日々の出来事を気ままにつぶやきます

禁断の質問

昨日から母が入院しました。

それで少しバタバタしていました。

 

メインブログでも書いているのですが、2年前にがんであることがわかり手術

抗がん剤治療を何度かして…

そこから本人の希望で、抗がん剤治療はやめました。

 

ao-maguro.com

 

そしてつい最近から「緩和ケア」という

痛みを抑える治療に切り替わりました。

 

しかし結局、痛みを取るためのお薬と言うものは吐き気を伴ってツライらしく 

入院をして経過を見ていくことになりました。

 

もちろん長期ではなく10日から2週間ほどで退院を目指すものです。

 

禁断の質問

緩和ケアの先生と初めてお会いする日、付き添いが必要ということで病院に行きました。優しそうな女性の先生でした。

 

痛みのメカニズム

薬の種類の説明

今後の治療の方針

などを丁寧に説明してくださいました。

 

そして薬の服用を、一旦入院して先生監視のもと進めていくことになりました。

おおかたの説明が終わったとき母は禁断の質問をしました。

 

「先生、あと私どれぐらい生きられるでしょう?」

 
「いや、それは…」と思わず私が止めました。

 

が、母は食い下がります。

 

先生は今までの治療もしてないのに、これから診ていくのに

それをぶつけるのは…

 

 先生は言葉を選んで、いいよどんでいましたが食い下がる母に明確に

「来年は迎えたいと思っています」

と言って下さいました。

 

”あなたの命はここまでです”

なんて先生は言えないですよね。

良く答えてくださったと思います。

 

薬があわずに急に体調を崩して、もう今にもダメかと思っていたらしく

母は少し納得をしたようです。

 

「8月の歌舞伎座、もう無理かと思ってたけど行けるかもね」

ボソッとつぶやきました。

 

病気であろうとなかろうと

楽しみと目標がないと生きていけません、やっぱり。

 

梅雨が終わるころには帰ってきてくれればいいな。

 

ブログ村ランキングにチャレンジ中です!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村