ちょっと、シエスタ

さぼりグセのあるダメアラフィフが日々の出来事を気ままにつぶやきます

あこがれの暮らしを始めるのは、いま

定時出勤の電車は、まあまあの混み具合でした。

でも以前の御堂筋線から比べるととっても空いています。

 

マスク率は99.9%(一人だけつけてない強者がいた)

アベノマスク率は0%

 

ところでアベノマスクをつけている人って見たことありますか?

わたしはテレビの中の安倍晋三総理しか見たことありません。

菅さんもつけてるの見たことないよなぁ…

理想の終の暮らしに向けて 

家の住み替えに向けて、断捨離中のアラフィフです。

モノが家からなくなるたびに気持ちがスッキリ…身軽になる気がします。

 

ミッションは

「何を捨てるのか?」

よりも

「何を残すのか?」

そう考えると捨てやすいです。

 

人生の終盤に差しかかっていることには間違いがない。

人生の幕引き近くに、どんな生活を送りたいのか?

 

それを明確に決めてそこに向かって、ととのえる感じです。

 

その暮らしが始まるとき 

でも、その生活はいつから始まるのか?

それは今だと痛切に感じています。

 

そう思ったのには、いくつか理由があります。

 

 

まず一つ目の理由

先日、白内障だとわかり手術をすることになり

そうでなくてもコロナ禍の最中、明日は何が起こるかわからない。

 

やりたいことは、やらなくちゃです。 

www.chotto-siesta.com

後回しでなく今です。

 

大切なモノこそ、今つかう

二つ目の理由は、母の遺品整理をしていて

「なぜ、こんなものを取ってあるのか?」

と思うものから、少し品物の良いもので

「いつか使おう」としまっていたと思われるものが。

 

先に使えばよかったのに…と思いました。

 

服がそのいい例です。

普段は安い服やわたしが着なくなった服なんかをよく着ていたので

あまり着ていないそこそこの値段のお出かけ用の服が出てきて

 

この服を普段から着ればよかったのに…と思いました。

 

あこがれのライフスタイルだって同じです。

いつかではなく、今の今から、やれることからやればいい。

そう思い始めました。

 

花やグリーンのある生活

なのでさっそくやってみました。

花や緑が手をのばせばある生活はあこがれます。

 

ささやかですが、こんなこととか… 

 

花も飾ってみました。

 

スーパーで298円で売っているお花ですが、これで充分。

黄色は金運をあげるというので…

f:id:vidro-man:20200526063304j:plain

 

気持ちも豊かになる気がします。

 

花を飾った次の日に「はい」とお給料明細を渡されて

さっそく金運もアップしたように感じました(笑)

 

あこがれのライフスタイル

始めるのは、今からにします。

 

今日もお読みいただきありがとうございました。

更新の励みになるのでポチッとお願いします♪
⇓ ⇓ ⇓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村