ちょっと、シエスタ

さぼりグセのあるダメアラフィフが日々の出来事を気ままにつぶやきます

ブログの棚卸し(+500円シャンプー玉砕)

白内障の手術をしたあとはバイ菌が目に入らない事が重要で

洗髪(シャンプー)が仰向けでないとできません。 

www.chotto-siesta.com

 

昨日は美容院で髪を洗ってもらおうと思い

いそいそと目をつけていたシャンプー500円の美容院に行くと…

単体でのシャンプーはしていないと言われました。

 

「ブローも込でないとやっていません」

「込みでおいくらですか?」

「2,000円です」

 

そりぁ、安すぎるなぁと思ったけど…

まぎらわしい書き方しないで欲しい!

 

それでは前に飛び込んだオシャレな美容院と変わらない。

なので500円シャンプーは嘘です

訂正しておきます。 

棚卸しの思い出

f:id:vidro-man:20191104021128j:plain

棚卸しとは在庫管理を行うことをいいます。

 

遠い昔、ファーストフード店でパートをしていた時

離婚したてのころですが、深夜の閉店作業をやっていました。

 

当時は子どもが小さく、そして保育園もなかなか決まらず

家を出られるのが深夜だけだったのです。

 

一番、大変だった時期です。

ao-maguro.com

 

月に一度の棚卸しの日、社員さんがお店にあるもののすべての数を数え

記録する作業を閉店作業と別で行っていました。

なので、いつもより帰りが遅い。

 

基本的にファーストフード店の仕事はスピードを求められます。

もちろん正確さも備えないといけません。

 

なので頑張って自分の作業が早く正確になればなるほど

自分の時給が減るという変なシステムになっていました。

 

矛盾…今でも、なぞ。

時給はあがっていくけど微々たるものだし

 

なので棚卸の日は深夜2時過ぎまでは絶対に働けるので、

身体は大変だけどうれしかったのです。

 

ブログに棚卸しは不必要?

ブログを書くアイデアをメモっています。

メモ帳アプリとリアルなノートと2種類でやっています。

 

かなりの数が溜まっているのですが…

いっこうに記事になってないものだらけです。

 

思いついた時は、なかなかいいと思っても

しばらくして鮮度が落ちて冷静に見直すと…

記事ならないレベルのものだらけ。

 

そのなかには「何が書きたかったのだろう」と思うものも多い(汗)

 

www.chotto-siesta.com

 

でもその中から記事になることもあります。

この時は「豪華なカレー」が記事になりました。 

www.chotto-siesta.com

 

なので今回も、ここで棚卸しをさせてもらいます。

 

いま、なぞだったり、記事に出来ないメモは

「人を愛せない人間」

「不思議なタイミング」

「自分の力量を知る」

「式典には何にお辞儀をしているのか?」

 

こんな感じで、ごく一部の抜粋です。

 

 

今回、棚卸しに関して調べたら

「在庫数によって純利益が大きく変わるため計算をしなければならない」

とわかりました。

 

どんなアイデアでも、仕入れ値はゼロだから

「ブログの棚卸しはなくて良い」と少し思えてきました。

 

今日もブログにおいでいただきありがとうございました

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ