ちょっと、シエスタ

さぼりグセのあるダメアラフィフが日々の出来事を気ままにつぶやきます

息子のアトピー性皮膚炎が注射なしに良くなっていました

ご訪問いただき、ありがとうございます。

 

息子は保育園の時からアトピーでした。 

食物のアレルギーではなく乾燥性皮膚炎というものですが…

まあ、アトピーです。

 

乾燥に弱いので冬になると大変でした。

アトピー特効薬「デュピクセント」

このブログでも書いていた息子のアトピー性皮膚炎ですが

www.chotto-siesta.com

 

アトピー特効薬として出来たおそろしく高い注射「デュピクセント」を打ち始めていたのですが…

www.chotto-siesta.com

 

実は息子の自己判断で辞めていました。

 

もう一度打つよう何度も何度も言いましたが

値段があまりにも高いので「必要ない!」と本人が頑なだったのです。

 

なのでブログで、この話題にはずっと触れていませんでした。

「デュピクセント」カテゴリーも作っていましたが

消しました。

 

アトピーの要因がなくなった

「デュピクセント」を打ち始めた時、彼の19年の人生の中で

一番アトピーがひどかったのです。

日常生活に支障をきたすほどでした…

 

浪人時代、受験直前の真冬

アトピーもストレスが主な要因のひとつです。

 

大学生になって最大のストレスが取り除かれたこと

大好きな猫がいない生活になったこと

猫アレルギーの要素も持っていたのです…

 

そのおかげで落ちついてきたようです。

 

もうひとつは

ひとり暮らしを機に食生活を改善したこと

これもさらに良くなった大きな理由。

 

家計管理と自炊で変われた

f:id:vidro-man:20210906080527j:plain

添加物の多いスナック菓子はなるべく控えた方がいいのですが

高校生がすすんで控えるのはやはり難しかった。

しかも亡くなった母が仏壇に毎日お菓子を山のようにお供えしていて

消費していたのは主に息子という構図でした。

 

ひとり暮らしを機に自分で家計管理をするようになって

アトピーに良くないというよりも

お菓子は余分な支出です。

 

その認識が出来てから食べなくなったそうです。

添加物と呼ばれるものを控えるとマシだそうなのです、やはり。

 

そして食事に関して彼がいうには「油が主な原因」

現在はサラダ油は一切使用せずにオリーブオイルのみを使っていて

揚げ物もなるべく食べないように気をつけているらしい。

 

もちろん治ったわけではないですし

先の冬も少しアトピーがでていたので、問題は冬ですが。

 

でも今回の事で感じたのは、こちらでも書きましたが…

www.chotto-siesta.com

 

口に入るものは大切

ということ。

 

われわれの身体を作っているのは自分が食べているものから

これだけは間違いない。

自分も気をつけていきたいです。

 

今日もブログにおいでいただきありがとうございました

毎日更新の励みになっています、ポチっとお願いします♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ