ちょっと、シエスタ

さぼりグセのあるダメアラフィフが日々の出来事を気ままにつぶやきます

家の売却ができた日にしていたこと

ブログにおいで頂き、ありがとうございます。

 

昨年10月から半年かけて取り組んだ人生の大仕事「家の売却」 

昨日と一昨日と、家の内覧に来られたご夫婦が購入を決めて

住宅ローン申請もしたと連絡がありました。

 

大仕事、お、終わった…?

新居の申し込みは土砂降りの中

f:id:vidro-man:20200714073359j:plain

電話を受け取ったのは外、土砂降りの雨の中でした。 

何をしていたかと言うと…

新しい住まいの申し込みに出かけていました。

 

この時に見学したUR賃貸です。

この日も土砂降りって書いてる(笑)最近週末はいつも土砂降り?

www.chotto-siesta.com

 

エイプリルフールだった4月1日。

日々の暮らしが大切だと再認識して、気持ちは早く移り住みたいと思っているのだからと申し込みを決めました。 

www.chotto-siesta.com

 

「申し込む」と決めた時点では、家が売れるかどうかは決まっていませんでしたが。

  

運気を変える方法のひとつ

自分の運気を変えるものの一つに

「住む場所を変える」というというものもあります。

 

自分が一歩踏み出した時に、これまでの問題が解決する

そんな気がしました。

 

UR賃貸の窓口には、ご高齢の方やベビーカーを押した若夫婦

さまざまな年齢層の方が訪れていました。

 

手続きをしてくれた超ベテランの方は

ものすごくトークがお上手で気持ちの良い契約でした。

ちなみにUR賃貸の窓口はすべて女性です

 

リップサービスでしょうが

「ステキな間取りのお部屋を押さえられてよかったですね」と言ってくれました。

 

間取りも見ずに申し込んだ経緯を話すと

「家は縁のものですから」とも。

 

あらゆる意味で理想の購入者 

購入を決めてくれたのは、小さいお子さんが2人いるご夫婦。

一昨日に現れたのは旦那さんだけでした。 

お子さんが少し熱を出したので気を使って奥さんが来られなかったのです。

 

なので子どもさんの熱が下がれば奥さんも見たいという事で

昨日の朝、もう一度来られました。

荷物が多いらしく収納が多いことをとても気に入ってくれました。

「これなら、入りそう!」

 

でも何より驚いたのは、家具も気に入ってくれて「置いていって欲しい」と。

 

ロフトベッドは高いものだったから分かるけど

捨てるのマストと思っていた家具までも…

 

な、何?理想の購入者??

 

そうか、家は縁のものだったのか

待ってて良かった。

 

今日もブログにおいでいただきありがとうございました

毎日更新の励みになっています、ポチっとお願いします♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ

ちょっと、シエスタ - にほんブログ村