ちょっと、シエスタ

さぼりグセのあるダメアラフィフが日々の出来事を気ままにつぶやきます

人生でおきた奇跡ってありますか?

ブログにおいで頂き、ありがとうございます。

 

毎日更新が途切れてしまいました…

 

うすうすわかっていたのですが毎日更新できていたのは

在宅ワークや時差出勤もあって仕事が落ち着いていたからなのだと痛感。

役に立つ資格、らしかった

f:id:vidro-man:20201114093341j:plain

通勤途中にYouTubeを聴いています。

最近はほぼ音楽、3割くらい学びの講座。

 

以前にYouTube大学にハマってると書きましたが、最近はリベラルアーツ大学をよく観て(聴いて)います。
大学に入りまくってる?(笑)

 

先日、リベ大(リベラルアーツ大学の略)動画で

「価値ある資格 簿記を始めるのに最適な時期」

という動画があがっていてビックリ!

 

実は18年ほど前に簿記3級をとったのですが

一度も使っていません。

 

しかも「パソコンの表計算とかに打ち込めば自動的にでるだろうから、簿記なんかもういらない資格だったかも」

とずっと思っていました。

 

人生でおきた奇跡No.1

そう、この簿記3級合格は自分の人生の中でまさに奇跡でした。 

以前にも記事を書いてました。

ao-maguro.com

母子家庭講座で復習もせずにわからないまま受講しつづけて

直前の突貫一週間漬け状態で受けた試験。

 

配点の半分以上を占めている何とか表は

AとBを足すか引くかして出た答えにCを足すのですが… 

 

そもそも「本当にAとBなのか?」

「足すで、本当にあってるのか?」

「もしかして引くだったのでは?」

 

という不安のまま出た答えであるCにまた、Dを足すか引くかして

そして出た答えのEにまた…

と延々と続いていくラビリンスな試験でした。

 

終わって不安しか残らなかった。

 

何かが背中を押してくれた

合格をもらった時は心の底から奇跡だと思いました。

 

いや、18年たった今でも思っていますから(笑)

 

でも、あの瞬間

「やれば、できるのかも」

と何かに背中を押してもらえた気がしたのです。

 

ひとりで子どもたちを育てられるのか

不安でいっぱいだった時期でした。

 

誰かが手を差し伸べてくれた

他にはなかったかな?と探しましたが

特に見当たりません。

そうそうないよなと思いましたが、よく考えれば今の仕事に至るまでにも沢山の積み重ねがありました。

 

ハローワークの相談員さん、恩師の言葉で仕事探しを始め

高校時代の友人から紹介してもらって週一で今の仕事場に通い始め

何かの式典でスピーチ的な一言を頼まれて

それを見た最初の上司が声をかけてくれて

契約で働き始めて

正社員になって

今に至っている。

 

いろんな積み重ねで、ここまできたなと。

 

人との出会いと積み重ねが

今の自分を構成する奇跡とも言える…

と、キレイにまとめて気分良く休日を過ごすこととします(笑)

 

今日もブログにおいでいただきありがとうございました

更新の励みになっています、ポチっとお願いします♪
⇓ 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ

ちょっと、シエスタ - にほんブログ村