ちょっと、シエスタ

さぼりグセのあるダメアラフィフが日々の出来事を気ままにつぶやきます

映画「テネット」がある映画と同じ感動ポイントだった件

ブログにおいで頂き、ありがとうございます。

 

話題の映画「テネット」をやっとやっと観てきました。

難解といわれる「テネット」ですが、理解できなかったところがあっても充分楽しめました。

 

そして、(個人的には)衝撃のラストで鳥肌がたちました。

「これってあの映画と同じ感動ポイントじゃん!」と。

すれ違うふたりの悲しさ※ネタバレ含む

f:id:vidro-man:20201015094427j:plain

※劇場で頂きました~もらった時は「誰?」と思ったけどニールでよかったぁ♪

 

クリストファー・ノーラン監督最新作「テネット」

 

ノーラン作品は好きな人もとても多い…けど難解。

過去作「インセプション」「ダンケルク」が大好きと普段から言っていたので「観ましたよね?」と聞かれました。

 

コメントを時々頂くなる様もご覧になって記事を書いてて

「むむ!これは早く観なければ」とやっと観てきた次第です。

 

※ここからはネタバレ含みます  

 

同じ感動ポイントの映画とはズバリこれ

ぼくは明日、昨日のきみとデートする

時間の流れが違う2人が出会ってすれ違っていく。

 

細かいところは違うけど、ラストでニールがこれから主人公を助けに行くんだと

そして、それは死を意味する‥わかっているけど事実は変わらないから向かう。

 

そしてこれから進む未来で、その指示をニールに出すのは主人公。

 

なんともいえない感動というか気持ちになって震えます。

 

行動理由がわかない※ネタバレ含む

「テネット」で特に難しいところは、カーチェイスと最後のミッション。

誰が時間を順行(普通の流れ)で、誰が逆行(逆さまの流れ)かがわからない!

 

強いていうなら逆行してる人は、この世界の設定では呼吸ができないから、酸素マスク、防護マスク的なものをしているようですが

 

そこの理解はやめよう

 

それでわたしが引っかかっていたのは

武器商人プリヤとセイターを教えてくれる一緒にご飯食べてクレジットカードくれたおじいちゃん。

この人たちのところに行く理由がイマイチわからない。

 

まあ、ここも置いておいて一番引っかかっていたのは

 

「人類存亡の時に主人公がヒロイン・キャットにこだわりすぎ」

 

ここでした。

 

ニールは誰か?※ネタバレ含む

実は初見では気がつかず考証サイトでニール=マックス(キャットの息子)説をみたとき

先ほどの疑問が解決できました。

 

だってキャットは、ニールにとって母だから。

 

なので母を救おうと危ないミッション(空港爆破のところまで時間を逆行する)にも黙って命がけでついて行く。

 

母、ひいては自分を守る主人公を見続けるわけです。

 

だから最終的に死の待つミッションにも望めたんでしょうね。

 

自分の存在理由※ネタバレ含む

「ぼく明日」でも使われていたエピソードですが、主人公、ヒロイン、それぞれが幼い頃の事故の時に命を救ってくれたのは‥相手です。

 

ここも同じです。

 

これはノーランが「ぼく明日」を知っていたとかでなく

「時間が逆行する2人が出会う」

この設定では使いたくなるエピソードだからだと思います。

 

お互いの過去で助けあっている。

 

自分の存在理由は、きみ、って事ですね。

 

少し長くなり、かなり偏った感想になりました。

 

何より映画館でみなくちゃと出かけるキッカケくれました。

劇場で観る映画、やっぱり良いですね。

 

今日もブログにおいでいただきありがとうございました

更新の励みになっています、ポチっとお願いします♪
⇓ 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ

ちょっと、シエスタ - にほんブログ村