ちょっと、シエスタ

さぼりグセのあるダメアラフィフが日々の出来事を気ままにつぶやきます

アフターコロナの世界でやりがいを取り戻したい

昨日、東京のコロナ感染者が100名を突破し

ニュースになっていました。

誰もが予想していたことですが…やはり衝撃です。

 

来月お盆に子どもたちにも帰省してもらって一緒においしいものでも食べよう

なんて計画を立てていたのですが…

東京にいる娘に帰ってきてと気軽に言えなくなりました。

職場復帰した同僚 

f:id:vidro-man:20191111222157j:plain

 

職場の同僚で年下だけど仲良くしていて

とても頼りにしている子が病気で休職をしていました。

 

このたび主治医の許可も出て職場復帰をしてとても喜んでいたのですが…元気がない。

すごく気になっていました。

 

久しぶりにいっしょにランチをとったときに

思わず彼女が気持ちを吐露しました。

 

何のために生きてるのか、わからなくなった

やる気が起きない

と言うものです。

 

もともとすごくアクティブな子で

いろんなところ、いろんなものにわたしも誘ってもらいました。

世界が広がったので彼女には本当に感謝しています。

 

そんなアクティブな彼女から出た言葉だったので衝撃を受けてしまいました。

 

病気はまたぶり返す可能性もあるそうで、そのつらさはどれほどのものか。

 

そしてわたしは人間として未熟なので

病の人に声をかける事が昔から苦手です。

本人しかわからない痛みや苦しみに何を言ってもムダなんだとどこかで思っているからです。

 

話がそれましたが、さらに彼女の気持ちを落とすプラスアルファは

間違いなく今のこのアフターコロナの世の中です。

 

模索を続けていくしかない

いろんなところに行って

いろんなチャレンジをして

アクティブな彼女にとってどこにも行けないのは本当につらい

生きている実感がわかないのは理解できます。

自分自身だって…

 

その話をすると本人も

「それもあるよね」ってわかっていました。

 

人は新しいことにチャレンジしたり

いつもと違う場所に行って新鮮な景色を目にしたりすることで

気持ちもリフレッシュして、やる気もアップします。

それができない…

 

このアフターコロナの世の中のせいだけではないけれど、うらめしく思います。

 

どうしたらいいのか?

そんな簡単に答えはでませんが

還暦ちかいアラフィフに思いつく事は

今現段階では神頼み。

週末、お参りにでも行きます。

 

それくらいしか思いつかなくてちょっと情けないです。

 

今日もブログにおいでいただきありがとうございました

更新の励みになるのでポチっとお願いします♪
⇓ 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ