ちょっと、シエスタ

さぼりグセのあるダメアラフィフが日々の出来事を気ままにつぶやきます

6億円のムダ!保管費用は高いから踏ん切り時が必要

ご訪問いただき、ありがとうございます。

 

昨日も書いたのに、最近は見逃せないニュースばかり

いよいよ選挙ですね。

マスクの保管費用が6億円?

新型コロナウィルス対策として国から全世帯に配布された

通称「アベノマスク」

もちろん、家にもきました。

www.chotto-siesta.com

 

このマスクの3割近い約8,200万枚(115億円分!!!)が

配布されずに倉庫に保管されていたニュース。

誰もが驚きましたよね。

 

「そのお金をもっと有効に使ってよ!」

「それは、われわれの税金だよね?」

と「?」や「!」がつきます。

 

それをコロナで困った人に配って欲しい…

これも誰もが思う事。

 

しかも、しかも、保管費用は6億円!

 

ものを保管しておく値段って結構高いと思い出しました。

 

保管費用が負担で事業をたたむ

f:id:vidro-man:20210413074423j:plain

具体的には書けませんので…

 

「モノ」は小さなティシュケースくらいのおもちゃとします。

それをあつかう商売をしていた母の知人の話。

 

少しのブームに乗ってその「モノ」は売れました。

 

当時、台湾だったかタイだったか覚えてないですが

「モノ」はそちらで作って輸入していたそう。

 

大量に作って大量に輸入すると一つ一つの値段は当然下がります。

なので数万個を大量発注。

少量なら自分の倉庫に置けますが、そんな大量発注だと無理なので

大きな倉庫を借りました。

 

でも見込み違いだったのか人気は去って急に売り上げは減少。

在庫として「モノ」を抱え続けることになります。

 

倉庫の値段はしらないですが、数十万くらいはかかるのでしょうか?

そこも負担になって数年後

その知人は事業をたたんだそう

もちろん借金つき。

 

踏ん切り時が必要

f:id:vidro-man:20200925082903j:plain

結構よくある話かもしれません

見通しが甘かったのです。

 

でもここで大事なのは、そこではないのです。

 

「モノ」は数年後、捨てたか、安くで売ったかしたそうで…

赤字の補填にはならなかったよう

ならもっと早く、そうすべきでした。

 

数百万のお金をかけたのだから、もったいない

「いつかまた売れるかも…」

と数年間も高い保管費用を払い続けてしまったことが失敗

踏ん切りが遅かったのです。

 

でもこの話、何かにも当てはまる…

 

高いモノだと捨てられない

いつかまた着るかも、使うかも

だからクローゼットが必要、それが置けるスペースも

 

断捨離できない思想そのもの。

 

誰に向けて言っているかって?

もちろん自分です。

 

今日もブログにおいでいただきありがとうございました

毎日更新の励みです、ポチっとお願いします♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ