ちょっと、シエスタ ~50を過ぎても夢みたい~

さぼりグセのあるダメアラフィフが日々の出来事を気ままにつぶやきます

『いだてん』最終回は最高だった、じゃんねぇ

とうとう昨日で最終回を迎えた

大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~』

 

たくさん涙を流して、もちろん感動もしたけれど

すべての伏線を見事にきれいに回収したエンドを迎えて

 

「ああ、この人(宮藤官九郎さん)天才なのね。わかってたけど。」

と、気持ちが爽やかになりました。

 

視聴率は歴代最低だったが

f:id:vidro-man:20190623235732j:plain

 

一桁台の視聴率、大河歴代最低とのレッテルを貼られ続け

しかも出演者の相次ぐトラブルにも見舞われ…

大変な大河ドラマでした。

 

でも、ハッキリ言うけれど

ピエール瀧さんも、徳井さんも役にハマっていて演技も良かった。

配役した人、見る目ある!

 

総集編ではカットになるのかな?と、とっても心配。

徳井さんの大松監督のシーンはカットしないで欲しいです。

 

だって女子バレーのエピソードは泣かせるシーンがいっぱいでしたから。

 

知らないことだらけだった歴史

これまでの大河ドラマもそうだったのですが

歴史にうとい情けないアラフィフは

「えっ?そうだったの?」

と、思うことがいっぱいあります。

 

今回は特に、オリンピックは1964年より前の1940年に一度、日本開催が決定していたこと。

 

まったく知らなかったです。

 

しかも、それを返上していたなんて…


そして柔道の嘉納治五郎先生がこんなにも、オリンピック招致に熱心だったことも
いまいちよくわかっていませんでした。

 

キャラクターたちが個性的

f:id:vidro-man:20190930091614j:plain

今までNHK大河ドラマは戦国ものが多かったので

キャラクターもある意味パターンが決まっていたような気がします。

 

今回は近代の日本だったので、いろいろなキャラクターが出てきました。


主人公のふたり

いだてんこと、金栗四三

カッパのまぁちゃんこと、田畑政治

このふたりもですが、それを取り巻く人々も本当に個性的な方々ばかり。

 

これが世界に見せたい日本

昔、最初のオリンピック誘致の際に、治五郎先生に田畑は尋ねます。

「今の日本は、あなたが世界に見せたい日本ですか?」

そう聞かねばならない状況でした。


そして今、亡き治五郎の問いに、田畑は自信をもって答えます。

「はい!いかがですか?」

 

亡き治五郎の声は「面白い!」

 

このドラマの初期には治五郎が「オリンピックって、面白いの?」と聞いていました。

 

最初にに触れた通り

すべての伏線を見事にきれいに回収したエンド。

四三のマラソン走る時も呼吸まで、しっかりと回収していました。

 

ぜひ、総集編でもいいので

観てください。絶品ですから。

 

今日もお読みいただき、ありがとうございました

 ブログ村ランキングにチャレンジ中~

押して頂けると励みになります♪

⇓ ⇓ ⇓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

 

もうひとつブログやっています、のぞいてください♪

f:id:vidro-man:20191007231242j:plain