ちょっと、シエスタ

さぼりグセのあるダメアラフィフが日々の出来事を気ままにつぶやきます

リニアモーターカーが遅すぎる!未来はわからない

「なんだ、このタイトル!?」と思われた方

『探偵が早すぎる』に少し影響されました…すいません。


最後に話はつながります、たぶん。

今はすぐに過去になる

f:id:vidro-man:20191229131611j:plain

 

当たり前ですが、時は流れていくものです。

どんどん時が過ぎ去っていくのが不安になり…

 

この世の中はどうなるんだろう?

地球はどうなってしまうのだろう?

人類はいつか滅びてしまうのだろうか?

 

という、まったく心配しなくていいことを、ずっと心配していた時期がありました。

当時、SFばかりを読んでいた空想少女でした。

 

空想少女の空想

訳あって…母も若いうちに離婚していて

わたしには兄弟もなく、もろもろの事情で祖母と2人で暮らしていた時期があります。

 

さびしい子供がたどり着くのは、空想の世界。

 

小学生4年の頃、少年少女SF大全集的な本を読みあさり

不思議の世界にこころ奪われて

いらない心配をずっとしていたのです。

 

今、この瞬間を強くこころに刻む

気がつけば時が流れていて

今は今でなくなる。

何度繰り返しても今は、今でなくなります。

それをとても不安に思っていました。

 

なので、この瞬間、今!

を強く意識してみようと思ったのです。

ハッキリと意識をした瞬間のことを忘れないでおこうと。

まあ10歳の考えることです。

 

それで、その時のことを今でも覚えています。

お墓参りの帰り道の階段。

親戚の家に寄った帰りなので暗かったです。

階段を降りながら、見上げたむき出しの電球の街灯を今でも覚えています。

 

路地裏の街灯

 

あれから、45年がたちました。

 

時はあっという間ではなかった

この話の流れだと、あっという間だったわ…

という流れになりそうですが

そうではないとヒシヒシと感じています。

 

小学生から大人になり、おばさんになり、もうすぐアラカン。

結婚して子供もできて離婚もして、シングルマザーになり一家を支えて

そして子供たちも小学生から中学、高校、大学生から大人になり

つきあっている人を紹介してもらったりもしました。

現在進行形の子もいます。

 

どんどん時は流れるけど

いろんな人と知り合って

自分にもいろんな変化がありました。

 

想像もつかないものが手の中にあるのに

いや、そもそも!

自分の手のひらの中に辞書や本やCDや地図があるなんて

まったく想像できませんでした。

驚きです!

 

なのに…

そう…

リニアモーターカーだけがまだありません。

 

小学校低学年の時に「未来の乗り物」として本で読んだ記憶が あり

さすがに、2020年にはもう出来て乗っていると思っていました。

 

どうして、あれだけは、まだ出来ていないのでしょう。

遅すぎます。

 

やっぱり未来の事は予測できないものなのですね。

 

来年は良い年になるといいな。

読んでいただいた皆様に良いことがたくさんありますように…

 

今日もおいでいただき、ありがとうございました。

ブログ村ランキングにチャレンジ中~

押して頂けると更新の励みになります♪

⇓ ⇓ ⇓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

 

もうひとつブログやっています、のぞいてください♪

f:id:vidro-man:20191007231242j:plain