ちょっと、シエスタ

さぼりグセのあるダメアラフィフが日々の出来事を気ままにつぶやきます

気持ちひとつで世界は違う

雨音で目覚めました。

最近多いです。

 

いつまで降るんだろう…

雨の日が心落ち着いた頃

f:id:vidro-man:20200714073359j:plain

cheetahさんによる写真ACからの写真

 

子どもの頃には雨が大好きだったと思い出しました。

 

運動神経がよくないインドア派

祖母との二人暮らしで空想好きだった子どもは

いつも、どこか不安。

 

抜けたように晴れ渡った青空が不安だったのです。

 

「雨は大好き、空にフタがされていて落ち着く」

そう言って、まわりから「?」をもらっていました。

 

そんなことを、ふと思い出しました。

これも雨のなせるわざ(日本語あってる?)かもしれません。

 

いっしょにいてわかること

モノの見え方、見方や感じ方はその時々で変わります。

人もそうです。

 

春は部署替え、配置替えでいっしょに働くメンバーが変わりました。

長く同じ職場にいても、ただ一緒にいるのと

同じチームで働くのとは違う。

 

外から見ていた時には

”仕事が遅い?”

と思っていた人は

”細かく丁寧で、まわりに心配りをしながら仕事する人”

 

”もの言いが上からでそんなにエラいの?”

と思っていた人は

”頭の回転も仕事のスピードもはやい、出来過ぎる人”

ホントにエラかった(笑)そして努力家

 

新鮮な気持ちが伝わる

本当は別の記事を書きかけていたのですが

ふと雨のことを書き始めて昔を思い出したら、別の記事になりました。

 

でもちょうど昨日見ていた「中田敦彦のYoutube大学」の動画で

メチャクチャ共感した部分があったのです。

 

www.chotto-siesta.com

 

YouTube大学では毎回、あっちゃん(中田敦彦)が良かったと思う本をもとに動画が構成されています。

 

なので出版社から「この本を紹介してほしい」と依頼が来るのですが

それは一切やらないと決めているそう。

 

なぜなら、それをやってしまうと紹介しなければとなってしまう。 

自分が面白いと思うもの、知りたいと言う好奇心をもとに伝えるから面白いんだ、と。

 

すごく共感しました。

 

なので思いつくままに書いてもいいのかな~なんて思ったので

そんな気持ちで書き進めました。

自分に良いように解釈するわざです(笑)

 

 

これを書いている間にも、また雨足が強くなりました。

 

雨そのものは今でも決して嫌いではないとは思いますが…

これからこの雨の中を出勤かと思うと

めちゃくちゃ憂鬱です。

 

今日もブログにおいでいただきありがとうございました

更新の励みになるのでポチっとお願いします♪
⇓ 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ