ちょっと、シエスタ

さぼりグセのあるダメアラフィフが日々の出来事を気ままにつぶやきます

相談する相手 赤の他人が良いわけ

昨日はブログをアップした後、缶・ビンのゴミと申し込んでいた粗大ごみ3袋を出して

また気持ちもスッキリ!

家の住み替えに向けて、断捨離進行中です。

 

昨日の記事(自分にしては)沢山の方に読んでいただき、ありがとうございました。

 

www.chotto-siesta.com

 

これに関して、何故そう思うのかに至ったエピソードが

もう一つあったので書いていきます。

片思いが成就するのは他人でもうれしい

f:id:vidro-man:20191219003220j:plain

20代の頃、バイト先で仲良くなった年下の子がいました。

彼女は某アーティストのファンでその人に似ている人にずっと片思いしていました。

 

可愛くて性格も良い彼女のことを応援していたので

めでたく彼と付き合うことになった時は自分も嬉しかったのを覚えています。

 

ただ仕事先でしか会わないので断片的にしか話は聞きませんし

その彼とも会ったことはありませんでした。

 

そして付き合ってから結構立っていたと思いますが…

その彼が浮気をしました。

 

よく聞くと後輩に強引にアタックされついフラフラと…と言う感じでした。

 

浮気を許すか許さないかの問題ではない

彼女がどれだけ彼を大好きかは知っているので

「一度だけ許してあげたら?もちろん二度目はなしで。

きっと絆も逆に強くなるんじゃないかな?」

と言ったのを覚えています。

 

その時、彼女に言われたのが

「そんなこと言われたの初めて…」

周りの友達にはほぼ全員「別れるべき!」と言われたそうです。

 

大学内のサークルなのか何か忘れましたが、

そういったシチュエーションだったので、浮気した彼も誘惑した彼女もわかってる20歳前後の女子集団。

そりゃ、そう言うでしょう…

 

でもその後、よりを戻した2人は仲良く過ごし

結婚して今でも幸せに暮らしています。

 

すこししてから「あの時はありがとう」とお礼を言われ

大好きな彼女の役に立てたようでとても嬉しく感じたと記憶しています。

 

赤の他人はあくまで冷静

でもわたしは彼女しか見て話していません。

浮気の内容も(少し聞いた気はしますが)誘った子のこともどうでもよく

彼女が悲しくて別れたくないのが手に取るようにわかっただけです。

 

なので感じて思ったことを、ただ口にしただけでした。

 

 

赤の他人は感情をはさまずに返してくれますから

そういう人に相談するのが良い

という自分なりの振り返りでした。

 

 

本日はこれから白内障の手術です。

こちらも気づきがあったら、ブログで報告しようと思います。 

www.chotto-siesta.com

 

手術がコワいとか、そういうのはありませんが

一番困っているのは「禁酒」

 

昨日から飲んでいませんが、しばらく飲めません…ううむ…

 

今日もブログにおいでいただきありがとうございました

更新の励みになるのでポチっとお願いします♪
⇓ 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ