ちょっと、シエスタ

さぼりグセのあるダメアラフィフが日々の出来事を気ままにつぶやきます

リーダーの重要性をコロナが教えた

大阪モデルが黄色信号点灯で第2波の予感。

 

今回のコロナに関しての対応では、あることが明確になってきています。

それは国や地方自治体のリーダーシップ。

 

東京のコロナ感染者数が毎日200名こえる報告がされるなか

「Go To キャンペーン」が前倒しになるとか…

 

経済活動が大切なのは間違いないのですが、誰もが思う

本当にこのままで大丈夫だろうか。

アメリカとブラジルの共通点 

f:id:vidro-man:20200713063807j:plain

 

世界でコロナ感染者数が深刻なのはアメリカとブラジルです。

この2つの国に共通する事はなんでしょう?

 

ニュースを見ていたら子どもでも明確にわかることですが

リーダーが似てますよね。

 

強引というか傍若無人というか。

 

この2つの国の大統領はコロナに対して

「全然、大丈夫」「99%無害」「風邪をひくようなもの」

と言う発言をしています。

 

恐れる気持ちがないから感染が広がってゆくのでしょう。

 

アメリカは州によって事情は異なるらしく

それはまさしくトップの取り組む姿勢なのでは?と思います。

 

でも日本だって本当に危機感を持ってやっているのか

ちょっと疑問。

 

信頼できるリーダーのもとで暮らしたい

ずっとこのブログで書いていますが、家の住み替え進行中です。

 

以前は兵庫に住むと言う選択肢も考えていました。

JRや阪急を使えば(自転車でも)会社はぜんぜん近いのです。

 

それもありだよなぁ~と思っていたのですが

今回のコロナ禍で大阪内で住み替えようと心に決めました。

 

なぜなら今回の吉村知事のリーダーシップが非常に素晴らしかったから。

 

「大阪府民で良かったと思った~」とランチの時に話すと

大阪府民は皆同意します。

「わたし、よっしーと同期です」

そう、女子はみんなよっしーと呼んでいます。

 

かわってとなりの兵庫県民は、これまでの感染者数に関して

「大阪が(数)あれだけいってて、神戸(兵庫)の数があれだけのはずはない」

 

検査数が少なすぎ、陽性数を隠しているのでは疑惑まで…

現場からは以上です。

 

やはり信頼のおけるリーダーのもとで暮らしたいものです。

 

今日もブログにおいでいただきありがとうございました

更新の励みになるのでポチっとお願いします♪
⇓ 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ