ちょっと、シエスタ

さぼりグセのあるダメアラフィフが日々の出来事を気ままにつぶやきます

最高のムロツヨシの見つけ方

また唐突に突然に

何なんだ⁉このタイトル?

と思った方、いつも脈絡がなくてすいません。

 

今日は一日雨の予報で外出自粛もある程度続いていることもあって

家で過ごす事を決め込んで食材も買い込んでいたので

映画を観ようと決めていました。

 

以前から観たいと思っていた「最高の人生の見つけ方」(日本版)を観ました。

映画「最高の人生の見つけ方」

2007年にジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンが主演した映画のリメイク。

良い良いと言われていて気になっていた映画です。

先日「月曜から夜更かし」で株主優待で有名な桐谷さんがオススメしていたので

これは絶対見なければ!と思って観ました。

 

吉永さゆりさん扮する、家族に人生を捧げてきた北原幸枝と

天海祐希さん扮する、ホテルチェーンを築きあげた美人女性社長・剛田マ子。

普段なら知り合うはずもない2人とも、お互いにがんで余命いくばくもない。

 

残りの人生をどうすればいいかわからずに病院で知り合った2人は

12歳の少女の「死ぬまでにやりたいことリスト」を代わりに実行していく…

 

最高の秘書・高田

あまりストーリーは書かないので機会があったら観てください!

やっぱり泣けてしまいます。

でもなんとなく流れは予想はつくはず。

だから、これまでも「いつでもいいか」と観てこなかったのですが…

きっかけって重要。

 

「やりたいことリスト」に沿って?プラスして?2人は様々な場所を訪れます。

ロスアンゼルス、エジプト、京都、長崎…

そして、ももいろクローバーZのコンサート会場。

 

場所もですが、登場人物も素敵。

特に良かったのが女社長・剛田マ子の秘書であるムロツヨシさん扮する高田。

 

途中で「えっと、まじめな映画だよね?コント?」

と何度思ったか(笑)

最高でした。

 

この役はムロさん自身が切望されて実現した役だそう。

そう思うと、オリジナルが気になってきた…

 

言いたいことはやっぱり伝えるべき

f:id:vidro-man:20200516235644j:plain

吉永さん扮する幸枝が夫や家族に気持ちを伝える…ぶちまけるシーン。

いつでも言えることでも、やっぱり伝える

それが重要だとあらためて思えました。

 

それから、もうひとつ。

「どんなにお金があっても、持ってはいけない」

と天海さん扮する・マ子が伝えるシーン。

 

その通りです。

人生の終盤に向かっている人間として、そこはとても痛感します。

 

自分のとって何が大切なのか

手元に置いておくモノなのか

あらためて考えるきっかけになりました。

 

 

これまで映画は夜に観がちだったのですが

朝からもありかなぁと思ってやって観たら…

これありでした!

 

映画の気分をいい意味で引きずって一日を過ごせます。

あ、でも、前向きな映画限定かも… 

 

今日もお読みいただきありがとうございました。

更新の励みになるのでポチッとお願いします♪
⇓ 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村