ちょっと、シエスタ

さぼりグセのある元ダメアラフィフ、現ダメアラカンが日々の出来事を気ままにつぶやきます

50歳過ぎた今だから、友達になれた人たち

昨夜はかなり早く寝ついてしまい

朝目覚めると、LINEのメッセージが2件きていました。

離婚友からのお誘いメッセージ

一つ目のメッセージは、ゴールデンウィークに再会した離婚友だちから。

www.chotto-siesta.com

 

彼女は上の子の公園フレンドで同時期に離婚しました。

 

先に離婚の気持ちを固めていたのは彼女の方で、わたしは「離婚するかも」状態

でも結局、離婚を先にしたのはわたし

「○○さんが、私を追い抜いていった~」

いっつも言います(笑)

 

先日、泊まりに来る約束をしていたのですが

ちょっとわたしが痰が絡む嫌な感じなり、東京旅行の前だったので

先延ばしにしてもらっていました。

 

「7月19日、26日のどちらか、仕事の後に飲みませんか」

そんなメッセージが来ていました

ありがたいことです。

 

学生時代なら友だちにならなかったと断言できる

そうなのです。

彼女とは8歳か10歳違いですが(覚えていない・・・)

もし同じクラスだったとしても、絶対に友達になるはずがなかった

本当に真逆の人です。

 

教室の隅で絵を描いたり本を読んだり、特定の友だちとしか話さない自分

クラスでも賑やかな人たちのグループの中心にいる彼女。

 

ちょっと少女漫画的な昔の構図ですけど、これは間違いなくて

その2人は絶対に友達同士になりませんよね。

 

いろんな人生を経て、今ここにきて一緒に飲みに行こうって言える

そんな友だちなんだとしみじみ感じています。

 

旅先の小さなお店で隣にいた人

二つ目のメッセージは、最近再会した異性の飲み友から。

異性の飲み友だち - ちょっと、シエスタ

 

昨日は休肝日だったそうで「休肝日えらいなぁ」って送ったら寝たら

「だから遅くまで眠れない」というLINEが来ていました。

じゃあもう飲んじゃいなさいよって思うのですが(苦笑)

 

彼とも10年前なら絶対に友だちになっていません。

 

旅先の小さなカウンターのみの立ち飲み屋さんで隣になりました。

オープン直後、わたしは一人で飲んでいたら、その直後に

どっと入ってきたお客のひとり。

 

女性2人連れと一緒に入ってきたので、3人連れのお客さんだと思ったら

そうではなく男性おひとりさまだったのです。

 

気にする歳ではないでしょう

f:id:vidro-man:20240625084213j:image

お互い18きっぷで来てると知り、しかも同じ歳。

 

そこから少しお話しして、翌日仕事だからあわてて帰ろうとしたら

「LINEを交換しよう」

その言い方も手馴れていて「この人、もしや遊び人?」

そうも思ったけど躊躇せずに交換しました。

 

こういうのは苦手なタイプなので、10年前なら断っていたと思います。

 

しかも会話の中で奥さんも子どももいる人と分かってもいたけど

そういうのを、もう気にする歳じゃないでしょうと

でも思い切ってよかったなとも思います。

 

50過ぎたからこその友達、細く長く付き合っていきたいです。

 

今日もブログにおいでいただきありがとうございました。

ポチしていただけると励みになります!応援いただき感謝申し上げます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
ちょっと、シエスタ - にほんブログ村