ちょっと、シエスタ

さぼりグセのあるダメアラフィフが日々の出来事を気ままにつぶやきます

服があっても着たい服がないクローゼット

ご訪問いただき、ありがとうございます。

 

今日は朝から雨、しかもまあまあ降っています。

テンションさがる…

着る服に悩む季節

全国的と聞くので、これを読んでいる方のところでも

雨が降っているのでしょうか?

 

雨になると着る服を考えますが

そうでなくても、この季節は悩みます。

 

つい先日なんか、5月なの?と思う暑いくらいの日もあったのに

また少し寒くて

「いったい、何を着たらいいのよ」

ちょっと、悪態をついてしまう。

 

夏と冬に比べてこの季節が

一番朝に悩んでしまいます。

 

冬っぽいものはダメ、でもあまりに春めいててもおかしい

しかも暑かったり寒かったりするから

カーディガンやらストールやらが要る?

 

うーん、どうしよう…

 

『服を買うなら、捨てなさい』

そんなこともあってではなく

ずっと読んでみたかった、こちらの本。

 

図書館からやっと順番が回ってきたので読んでいます。

見てください、この付箋の数(笑)

f:id:vidro-man:20220318092506j:image

 

あまりにもメモしておきたいところが多すぎて

一体どこから紹介すればいいのやら。

 

日本の女子はファッションで悩みすぎ

所詮ファッションは目の錯覚と思い込みの自己満足

目の錯覚を利用して着こなしで痩せて見せることも可能

自分のスタイルを貫くが勝ち

 

出だしから、心地よい本です。

 

テンションがあがる服で埋め尽くす

本題である『服を買うなら捨てなさい』ですが

スタートはまず服を減らすことから。

 

イマイチの服をカットすることで、おしゃれ平均値はあがる

「捨てる」ことの背中を押してくれます。

 

みなバリエーションのため、たくさんの服を持ちすぎだとも。

 

スタイリストやメイドがいる暮らしならともかく

庶民の自分たちには、そんなにたくさん服は管理できない。

本当におしゃれなワードローブとは適度な服が仕舞われているもので

庶民にとってウォーク・イン・クローゼットは悪とも(笑)

 

適度な数なら「何を着ればいいの?」と悩む時間も減らせる…

全くその通り。

 

  • 満足して着られる服ばかりでいい
  • 服を偏って持っていても良い
  • 自分がお気に入りの自分を美しく見せる服を持つ

 

わたしはこれを

「自分が気に入って着ているだけでテンションあがる服」

と捉えました。

 

そんな服で埋め尽くされたクローゼットが理想です。

 

今日もブログにおいでいただきありがとうございました。

ブログランキングに参加中、クリックしていただけると励みになります。
いつも応援いただき感謝申し上げます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ