ちょっと、シエスタ

さぼりグセのあるダメアラフィフが日々の出来事を気ままにつぶやきます

「もう無理はできない」と悟らねばならない50代

ご訪問いただき、ありがとうございます。

 

台風一過の三連休の天気の良い中日

朝からやる事は、洗濯しかない。

「若い人もなる」は気休め?

f:id:vidro-man:20201021083645j:plain

 

昨日の記事にいつもコメントを下さるmiyako様が

 

精神は20代のままでも体が言うを事を聞かなくなるのは目に見えている

 

とコメントを下さって…

いや全くその通り。

 

miyako様は先日ぎっくり腰になったそうで、わたしもなったことありますが…

www.chotto-siesta.com

 

「魔女の一撃」とも言われる通り、痛い!

一瞬、息が止まります。

 

ぎっくり腰は疲労が蓄積したり、姿勢が悪かったり、運動不足だったり

様々な原因で起こって高齢者がなるイメージがありますが

若い人もなるそうです。

 

でも、そう言って自分を安心させようとするけれど

子どもが腰を痛める事は少ないし

例えなったとしても「ぎっくり腰」とは言わない気がする。

 

身体に蓄積された疲れ

やっぱり年齢はある程度、関わってくると思っています。

無理をすると体に負荷がかかり、そこが悪くなる。

 

自覚症状なく蓄積された疲労が、決壊…

 

古いパソコンがインストールしたいろんなものに影響されて遅いのと同じ

真新しいパソコンは、サクサク動きますもん(汗)

 

先日、おこった膝の水も炎症だったので

無理をしたということです。

www.chotto-siesta.com

 

そして思い当たることがあります。

 

「年甲斐もないこと」はしない

会社近くに引っ越したこともあり、健康のためと節約のためと一石二鳥とばかり

自転車通勤をときどきしています。

ここのところ雨が多いのでなかなかですが…

 

特に大阪のコロナ感染が1,000人越えてから人混みをさけるため

なるべく自転車で行くようにしていました。

 

自宅から会社まで自転車で15分ほどでですが

大阪の真ん中を流れる一級河川・淀川を越える必要があります。

橋につながる道は上り坂、橋を渡り切ると下り坂

つまり往復で必ず上り坂があるのです。

 

その上り坂を上る際、調子に乗って立ちこぎをしていました…

 

足に最初に違和感を覚えたのは

立ちこぎしてる時ではなかったか…?

 

立ちこぎなんて子どもの頃からやった事なかったのですが

坂道をスムーズにこげると気づいてやり始めたのです

ほんの数メートルくらい。

 

そう、心は20代だったけど

体はもう50代だから悲鳴をあげたんです…

 

運動神経は良くないですが、体力には自信があるので

これまでもついつい無理しがちでした。

 

でもこれからは「もう無理が効かない体なんだ」と言い聞かせ

年甲斐もないことはやめる!

…方向にします。

 

今日もブログにおいでいただきありがとうございました

まだまだ悪あがき(笑)する50代にポチっとお願いします♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ