ちょっと、シエスタ

さぼりグセのあるダメアラフィフが日々の出来事を気ままにつぶやきます

家の売却という大仕事

ブログにおいで頂き、ありがとうございます。

 

今って何でもネットに情報があふれかえっています。

 

子どもの大学受験のとき

子どもが一人暮らしをするとき

投資信託を始めるとき

ネットで情報を拾ったりしました。

ネットだけじゃないですが‥

 

そして今回は、家の売却に向けて調べているうちに

何がなんだかわからなくなってきました。

経験者が少ない大仕事

f:id:vidro-man:20200607074921j:plain

このブログでたびたび書いていますが

家の住み替えに向けて絶賛断捨離中。

 

でも家の住み替えのためには、今住んでいるボロ家を売らなければならない。

 

「家を買う」

「家を売る」

 

これを経験している人は周りにそう多くなく…

していても一生に一、二度あるかないか。

 

でも、ここに今後の人生設計がかかっていると考えると‥

 

どうしても気合が入るもの。

 

想像より安い売却価格

まずは家を売却するときは「一括査定」

これは、どこでも書かれています。

なのでやってみました。

 

想像どおり「こんなもの?」という値段でした。 

 

コロナの影響もあるかもしれません。

でも「やっぱり」と思いました。

 

それは母が亡くなったあと自分名義にしたとき

あまりの相続税の安さに

「価値がないからだろう」

とおおよその予想がついていたからです。

 

真逆のことが書かれている

でも最近「一括査定」はいかがなものか?

なんて動画を見つけました。

 

家売却の情報をネット上にさらすことになると。

うむ、それも一里ある。

 

それから売買契約の形態

一般媒介契約(複数の不動産屋と契約)

専任媒介契約(ひとつの不動産屋と契約)

もう一つありますが、これはほぼ考えないとしている人が大多数

 

これも、それぞれすすめているサイトや動画もあって迷いました。 

 

どちらもメリット、デメリットもあるけど

うちのような特殊な二世帯住宅ボロ家は専任のようだと結論づけました。

 

駅チカにある手ごろな大きさのマンションだと一般媒介契約ありのようです。

 

短期間で決められるのか?

一括査定をしてから早5ヶ月ほどたっています。

 

これは「売る時は一気に3ヶ月が勝負」

ということが調べ続けて刻まれているので、なんとなくこの月になったら…

と決めていました。

 

そろそろ動き始めないと。

 

なかなかない体験だと分かったので、今後もブログに綴っていきます。

 

今日もブログにおいでいただきありがとうございました

更新の励みになっています、ポチっとお願いします♪
⇓ 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ

ちょっと、シエスタ - にほんブログ村