ちょっと、シエスタ

さぼりグセのあるダメアラフィフが日々の出来事を気ままにつぶやきます

まぐろのつぶやき

息子の食卓に完敗してしまいました。

食べたいものもなく作るのも面倒な母に比べて、息子の食卓の進化がすごいことになっていました。

旅ごころが忙しさを癒してくれる

年末に向けての忙しさを癒してくれるもの、それはやっぱり「旅ごころ」です。

元旦那という人生のライバル(はもういない)

人生にはライバルが必要で、ライバルがいる方が「生きるパワーが増す」と思っています。

知ってるようで知らない「エモい」

ラジオで耳にした「エモい」意外と最近の言葉ではなかったようです。

大河ドラマで見慣れた街が輝いてみえた

見慣れた街も、テレビの画面で大河ドラマのラストにみたら特別なモノでした。

人がある仕事場を続けていく理由

親子ほども年下の子との10年ぶりの再会で、人がある仕事場を続けていく理由が分かった気がします。

死は静かに待つもの

死は静かに待つものと思っています。それは生きたくてもかなわなかった人がたくさんいるからです。

同じ映画・ドラマ・本を何度も繰り返しみるわけ

同じ映画やドラマを繰り返し見てしまうのは「そこに生まれる空気をもう一度味わいたいから」見ているとしあわせです。

知るのが遅すぎた、数学を学ぶわけ

何かを学ぶ時って「なぜ学ぶのか?」を知ると違います。「数学を学ぶわけ」もっと早くに知りたかったです…

墓石にむかって文句をいうのは人の性(さが)

そこにはいないのに墓石に向かって文句をいってしまう、器の小さな人間です。

おひとりさまは寂しくない

ひとりで淋しくないですか?と定期的に聞かれています。

家族の本当の姿なんて誰にもわからない

友達はずっと継母を嫌っていると思い込んでいましたが事実は全く違いました。

最大級の台風に毎年関わっている

毎年、最大級の台風が来て、どの台風も自分に関係していて振り回されています。

人生初のアハ体験からなにかが変わった

「分かった瞬間に頭が良くなる体験」実は人生初のアハ体験の瞬間を覚えています。

会社勤めで良かったと思える8月

働かなくてもお給料をもらえる8月…と書くと語弊がありますが、今のイメージはそうなのです。

妄想癖のある母の心配はつきない

96%は起こらずに「とりこし苦労」といわれようと心配のたねはつきません。

いつまでたっても、いくつになっても心配な母

LINEの既読がつかないだけでも心配になるのはやっぱり子どもの事です。

同じ美容院に通い続けて良かったと思った日

行きつけの美容院ってありますか?先日、美容院に通い続けてよかったなぁと思ったことがありました。

姓名判断、信じるか信じないか

「菅田将暉」という名前は姓名判断でつけたとテレビでやっていました。姓名判断、信じますか?

衰えを感じるとき

40代だったころと55歳を迎えた現在では違い、やっぱり衰えを感じてしまいます。好奇心を持って生きていきたいものですが…

(旦那を)育てることとは甘やかさないこと

かんたんに手助けしてしまったから、過ちを繰り返したのか?そこが自分が旦那を育てられなかった敗因かもと考えてしまいます。

旦那は自分で育てるもの

旦那は自分で育てるものだと思っていましたが失敗…旦那を見事に育てた友人の話をしたいと思います。

コロナ包囲網だけど出かけたい

周りでコロナが出ているようですが、たっぱり出かけたい。ソーシャルディスタンスを取りつつ移動です。

目の補正能力を感じる「半分、白い」世界

白内障手術を片目だけした今、片方だけ世の中が白くかすんでいます。

孤独は人を苛(さいな)む…ってことを思い出した

誰とも話さないと良くない方向に考えが進んでいく…マイナス感情のデフレスパイラル。人には他愛もないおしゃべりも必要です。

第2波がそこまで来ている

コロナがすぐ近くまで迫っているのを感じます。第2波はもう始まっているのでしょうか?

宝くじは大量購入しても当たらない

宝くじは当たらないものだと思っていますが、なぜそう思ったのかを書いておこうと思います。

「16(Sixteen)あのころの気持ち」と口ずさめば

懐かい曲と映像で20代のころの気持ちにひとっ飛びしました。

アフターコロナの世界でやりがいを取り戻したい

アフターコロナでやりがいを取り戻していくには、どうすればいいのか?答えを探しています。

相談する相手 赤の他人が良いわけ

赤の他人は感情をはさまずに返してくれますから、そういう人に相談するのが良いと思っています。